ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

2017年3月 8日 (水)

おでんちゃんのお勉強-3

動物園で得た知識をおでんちゃんにも試してみようと実践中の飼い主。
おでんちゃんにしてみたらいい迷惑かも?(苦笑)
でも、頭や五感を使っての体験はおでんちゃんにとっても良い刺激になるんじゃないかな~

そんなワケで取り出してきた過去の遺物の『玉手箱』。

Img_4081v440

座席の部分が上り、中にオヤツを隠すことができます。

Img_4083w440

さ~、おでんちゃん、取ってみ~note

Img_4086w440
『な~に、この得体の知れない物は…』

Img_4093w440
『齧っちゃうよ~』

Img_4094w440
『なんか、イスっぽい…』

Img_4113w440
『なので座ってみました』

Img_4095w440
『面白くもなんともないわannoy

おでんちゃん、ここに粟穂が入ってるよ~(*^^*)
Img_4100w440
『あっ!』

座席を閉じたらおでんちゃんの手を挟んでしまいました。shock
Img_4101w440
『イテッ!impact

と、すかさず頭を突っ込むおでんちゃん。
Img_4103w440
sign03

Img_4104w440
『あった、あった~note

Img_4106w440

得意げに粟穂を食べるおでんちゃん。

初日はまぐれでオヤツを見つけた感じでしたが、2日目にはイスの中にオヤツが入っていることを確信して取り出そうとしていました。

イスのからくりを理解してからはすぐに取り出せるようになりました。
さすがウチの子、覚えが早い (*^^*)
飼い主の自慢毛がボーボーと伸びたことは言うまでもありません(笑)

2017年3月 6日 (月)

おでんちゃんのお勉強ー2

前記事はおでんちゃんのトレーニングでしたが、今度は「エンリッチメント」についてです。

ハムの生活は、ご飯食べる→寝る→夜は回し車で走る
ですね?(*^^*)

野生動物は飼育下にいると本来の生態から外れた生活をするため、ストレスや退屈などから異常行動をするようになります。
トラやクマが同じところを繰り返し行き来する常同行動などがそれですが、ハムはストレスが溜まるとどうなるのかなぁ・・・
巣箱や床に敷いている新聞をカジカジするのがそれなのかしら(・・?)
う~ん、それは伸びてくる歯を削るためかも知れませんが。

野生下では餌を獲るのに一日のほぼ大半を費やしているのに、動物園では獲る行動もなく与えられ、すぐに食べ終わってしまいます。
そんな退屈な時間を少しでも減らそうと、オモチャや運動場のあちこちに餌を仕込んで探しながら食べてもらおうという試みがあります。

先日、飼育動物のエンリッチメントの一環として、手作りのフィーダー(餌入れ)作りを練習してきました。
動物園では消防ホースで作るそうですが、私たちはデニムのベルトで作ってみました。

それにカボ種を挟んでおでんちゃんにあげてみたところ・・・

おでんちゃん、興味を示してうまくカボ種を取ってくれました。
(ベルトの端はちゃんと始末しなくては口に入れる心配がありますね)

そこで遠い昔の記憶からふと甦ったものがありました(^Д^)

『玉手箱』
Img_4080v440

ハム飼いさんならご存知の方もいらっしゃるはず♪

おでんちゃんにはこれにも挑戦してもらいました。
またしても続く・・・

おでんちゃんのお勉強ー1

動物園に通うようになって「エンリッチメント」や「ハズバンダリートレーニング」という言葉を聞くようになりました。

「環境エンリッチメント」とは、飼育動物の正常な行動の多様性を引き出し、異常行動を減らして、動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われる工夫を指す。
と、Wikipediaにありますが、簡単にいうと、飼育している動物は本来持っている生態から外れた生活をしているので、それを環境(餌、感覚、認知、空間など)で改善してあげようという試みです。
例えば動物園ではブイなどが運動場に置かれていますが、それをオモチャとして遊んでもらって動物たちの退屈な時間を減らそうという目的なのです。

また、「ハズバンダリートレーニング」とは、動物の健康管理と共に、動物も人も安全に飼育するためのトレーニングを言い、動物自ら進んで私たちが望む行動をさせるトレーニングです。

言葉にすると難しいことのようですが、ペットを飼っているみなさんは自然にエンリッチメントやハズ・トレをしていると思います。

考えてみれば、私もそれに近いことはやってきていました。
例えば「手の上での腹出し食い」

Img_35431sw440

おでんちゃんはやっと手の上で仰向けになることができました。
手の中で無心にオヤツを食べている様子が見られてすごく可愛いのですheart01
飼い主の喜びのために練習していたことがハズバンダリートレーニングに繋がっていました。

動物にとって弱点のお腹を出すということはとても嫌なこと。
犬はそのお腹を出すことによって飼い主への服従を見せますが、ハムスターはそこまで認知機能が高くないので、飼い主に服従する意はありません。

Img_35451sw440

でも、この腹出しができると、飼い主は腹部や身体を触ってハムの健康をチェックすることができるし、病院に行っても診察が楽にできるというメリットがあります。

そこで、なかなか仰向けできないおでんちゃんには
①手に慣れてもらう。
②手の上で仰向けにしてみる(嫌がって起き上がってしまう)
③手の上で仰向けにしてオヤツを与える(最初は不安でオヤツどころではないけれど、慣れるに従って仰向けでオヤツを食べるようになる)
④オヤツなしでも手の上で仰向けで落ち着いていられる
この順でトレーニングをしています。
おっとりした個体では手の上で腹出しで寝入ったりしてくれます。
おでんちゃんは今③の段階です。

Img_35581sw440

「これも立派なトレーニングです」と動物園の飼育員さんにもお墨付きをいただき、おでんちゃんも飼い主も張り切っています。
他にハムのトレーニングとしてできることはないかなぁ。

次はおでんちゃんの「エンリッチメント」の取組み(大そうな^^;)について書きますね。

2017年2月15日 (水)

ドール

今年の1月(もう1ヶ月も前になってしまいました)横浜市にある動物園、『ズーラシア』に行ってきました。
案内はSacchanさんにお願いしました。
噂には聞いていましたが、とにかく敷地が広く、動物の数も多いので、写真整理がなかなかできず(後回しにしたともいう)、
そして最初の記事が「ドール」とは(笑)

ドールはアジアに生息するイヌ科の哺乳動物です。

Img_99191sw440_3
 
案内板にも書かれているように、野生数はだんだん減っていき、飼育している動物園は数か所、しかも単体で、複数頭いるのはここズーラシアだけになってしまいました。
天王寺動物園でもかつてはオスとメスがいたのですが、オス1頭だけになってしまい、それも昨年だったかに(うろ覚えです)亡くなってしまいました。

ズーラシアにいる3頭の紹介です。

Img_99201sw440

さて、仲良く横になっているのは誰かな~?
アインとドローレスかな?

Img_98791sw440

ズーラシアは運動場が土と自然の草や木でできているところが多いです。

Img_98811sw440

観ていても自然で心が和むし、住んでいる動物たちにも優しい環境だと思います。

Img_98851sw440


Img_98861sw440


Img_9897sw440

観ていると、じゃれ合いが始まりました。
イヌ科だから当たり前ですが、ほんとにワンコのよう。

Img_9908sw440


Img_9912sw440


Img_9918sw440

このコたちには是非頑張ってもらって、赤ちゃんが産まれたとの吉報が聞けると良いですね。

2017年2月 8日 (水)

メガネグマ劇場

天王寺動物園には今2頭のメガネグマがいます。
1頭は以前から天王寺に居住していたオスのダイスケさん。
もう1頭は昨年横浜のズーラシアからお引越ししてきたプッペさんです。

2頭ともそれなりにお歳を召されているので、ゆったりと老後の生活を営んでいただきたいのですが、洞穴状の寝床をめぐって時々夫婦喧嘩のような小競り合いを起こしています。

この日も(2017.2.7)こういう状態の時にメガネグマ舎の前を通りかかりました。

Img_32041sw440
プッペ『なぁ、ちょっとそこどいてくれへんかなぁ』

ダイスケは知らんぷりです。

Img_32061sw440
プッペ『どいてくれへんのやったら、ずっとココにおるで。』
ダイスケ『えっ?』

Img_32071sw440

ダイスケは無視を決め込もうと生欠伸をしましたが、視線はチラッとプッペさんを見ています。

Img_32131sw440
プッペ『ちょっと皆さん、この態度見ました?』

Img_3216sw440
プッペ『ほんまに夫として情けないわ』

プッペさんの文句ブツブツにダイスケの表情がちょっと変わりました。

プッペさんのボヤキが聞こえたのか、突然飛び出してくるダイスケ。
Img_3218sw440
ダイスケ『おいっ!なんやて!』

Img_3219sw440
びっくりしたプッペさん、思わずダイスケを軽くカプリΣ( ̄Д ̄lll)

Img_3220sw440
ダイスケ『何すんねんっsign03
プッペ『きゃーっ!』

Img_3222sw440
ダイスケ『ひとが大人しくしてたらつけ上がって!』
プッペ『なんやの、寝床くらい代わってくれてもええやんか!』

Img_3225sw440
ダイスケ『・・・・・annoy
プッペ『・・・・・sweat02

プッペさん、ダイスケに圧されてしばらくこのままの状態でしたが…

Img_32301sw440
プッペ『なぁ、あんた、まだ怒ってるの?』

恐る恐るダイスケの顔色を見るプッペさんに…

Img_3231sw440
ダイスケ『しゃ~ないな、もうええわ』
プッペ『・・・・やれやれgawk

Img_3233sw440
ダイスケが離れた途端、寝床に小走りに入っていくプッペさんでしたbleah

Img_32371sv440

中でゴソゴソと寝藁をほぐしていたプッペさんでしたが、何故かすぐに寝床から出てきました。

Img_32391sv440
プッペ『あの人が寝てた寝藁は加齢臭がしてメッチャ臭いわーwobbly

そんな会話がピッタリのメガネグマ夫妻でした。チャンチャン

«育ちざかりのハムたち