ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

« 久しぶりの散歩 | トップページ | それなあに? »

2006年10月 7日 (土)

今日のお豆

お豆がいよいよ弱ってきました。

弱ってきたというより、老衰が進んだというのでしょうか。

今日は少しお見苦しい写真を載せます。

ペットはいつまでも若くて愛くるしいわけではありません。

歳を取ってくれば 弱ってくるし、病気にもなります。

お豆は今2歳8ヶ月。

元気だった子もそろそろ最後の灯火を灯そうとしています。

お豆のありのままの今日の姿を見ていただきたいのです。

Dscf1606w360

2日ほど前から目がショボショボしだしました。

特に左目が 少し開きにくいようです。

Dscf1595w360

目に炎症を起こしてるのかも知れません。

もっとよく見たいのですが、手を入れると全速力(のつもり)でヨロヨロしながら

逃げて行きます。

「プキュプキュ」という呼吸音も聞こえます。

Dscf1594w360_1

でも、ご飯は食べてくれます。

長い時間をかけて、すりつぶすようにペレットや蕎麦の実、乾燥コーン、鳩餌などを
食べています。

後ろ脚だけで身体を支えられないので、両足を投げ出してお尻をついて座っています。

Dscf1576w360

以前、足に巣材の綿が絡まって危ない目に遭ったこともあったのですが、

キッチンペーパーを裂いたものは、お豆が小屋から出入りする度に

小屋の外に出てしまうのです。

新しく追加すると、用心してしばらくは小屋の中に入ってくれません。

先日ももたろうの健康診断で行った病院の先生に巣材のことを伺うと、

「キッチンペーパー、ティッシュ、綿・・・どれにしても一長一短があって、一概にこれが良いと言えない。

アレルギーを起こす子もいるし、起こさない子もいる。

綿を口にして飲み込んで腸を詰まらせる子もいるし、ちゃんと口から出して飲み込まない子もいる。

要するに、その子にあった巣材を飼い主さんが選べば良いのではないか・・・」

というような話をされてました。

で、最近の気温の低下を考えて、お豆の小屋には再び綿をいれることにしました。

足に絡ませることがあるかも知れないけれど、頻繁に様子をみて気をつけてやれば良いし、

今のお豆には保温の方が優先するんじゃないかと思ったからです。

Dscf1614w360_1
            ぬくぬく

そして、迷っているのが病院に連れて行った方が良いのか・・・ということ。

目がショボショボしているので、おそらく目薬がでるだろう。

呼吸音が聞こえるので、抗生物質なども処方されるかも知れない。

だけど、ロボでもこれほどビビリな子に薬を飲ませたり、目薬を差したりすることが

今のお豆にとって良いことなのかなぁ、と考えてしまう。

捕まえようとする私の手から逃げるだけで、この子は体力を消耗するだろう。

特に痛がったり、痒がったりしていないのだから、このままそっとしておいてはいけないのだろうか・・・

どうしてやるのがお豆にとって一番幸せなのだろうか・・・

そんなことを考える飼い主でした。

          ∞          ∞          ∞

お豆を励ますために、呵々さん がこんな可愛いプレートを作ってくださいました。

Omamechann

お豆が栗の中から出てきました♪

あ~ん、こんなクリがあったら お母たんはどこにでも拾いに行くよ~!

呵々さん、いつもステキなプレートをありがとうございます。

これを見たら お豆もきっと頑張ってくれると思います。

« 久しぶりの散歩 | トップページ | それなあに? »

お豆」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

ぷくぷく様、こんばんは。
 お豆ちゃんががんばっている姿は、かっこいいと思いこそすれ、見苦しいことなんてないですよ(^_^)。かっこいい、っていうだけじゃ足りませんね。じーんとしてしまいます。
 私見ですが、とりあえず2枚目のお写真を獣医さんに見せてみてはいかがでしょうか。先生もなかなか写真だけでは確信はもてないかもしれませんが、何か意見があるかもしれません。
 抗生剤を出してもらえるなら、目薬はなくてもいいかもしれませんし(目が炎症によるものなら、飲む抗生剤は有効な気がします)。免疫力が落ちて全身に感染症の症状が出たきたのでしたら、栄養剤なんかももらえるといいかもしれません。
 直接飲ませるのが難しいようでしたら、おやつにしみ込ませる、混ぜるというのはどうでしょうか…。必要量をかっきり、というわけにはいかないかもしれませんが、少しでも体に入ればと思います。
 プレートの栗は近所の栗林のものです。お豆ちゃんが入っているなら、私も拾いに行きます(^_^)。

こんにちは。久々のコメントで~す。
お豆ちゃん、二年八ヶ月・・・改めて「凄い!」の一言です。
お豆ちゃんの自力は勿論のこと、ぷくぷくさんの手厚いお世話の賜物ですよね。
すごく勝手な私見ですが・・・「ぷくぷくさんが考える対処」こそ、お豆ちゃんが望んでいるコトなんだと思います。快適な環境だったからこそ、今のお豆ちゃんが在るんですもの。
外野は言葉でしか、参加できませんけれど・・・
「お豆ちゃん、頑張れがんばれぇ~~っ!!」

お豆ちゃん、お目目大丈夫かな?
私も巣材はキチペ、ティッシュ、紙の敷材を主に使っていますが、
ベストと思うものに巡り合えていません^^;
お豆ちゃんにとって快適な環境、、、
それは、ぷくぷくさんがいいと思うものだと感じます。
もし、どこかでこれがいい!と言われて変更しても、
お豆ちゃんはビックリしてしまいますもんね。

マメクリ(勝手にネーミングw)おいしそう(*´ω`*)v
もうすぐ3歳♪応援してます!フレ-ヽ(ω≦)(≧ω)ノフレ-

つい先日拝見した、とことこウォーキングするお豆ちゃんの元気そうな
姿とはうって変わって、かなり弱々しく感じられますね・・・

治療は、若くて元気なハムでさえストレスになりますから、
お豆ちゃんへかかる負担を考えたら
どこまで治療をするかというのは、悩むところですね

2年と8ヶ月の大長寿のお豆ちゃん
無理はしないで欲しいけど、頑張って欲しいです

☆呵々さんへ☆
お豆への応援、アドバイス有難うございます。
そうですね、薬を餌に混ぜるという方法もありますね。
よく考えてみます。
今日はこれから夜まで出かけなければなりません。
ずっとお豆の側についていてあげたいのに・・・。
私が帰ってくるまで頑張ってて欲しいです。

☆太郎と花子の父さんへ☆
こんにちは!
お豆、ここまで頑張ってくれました。
ほんとにここ数日で急に弱ってしまったんです。
1日1日が勝負になってきました。
父さんの応援でもう少し頑張ってくれることを期待してます。
応援、どうも有難うございます

☆アラレちゃωさんへ☆
巣材選びは迷いますね。
どれをとっても一長一短って感じで。
飼い主さんがハムちゃんの体質や行動などをよく観察して、
その子に一番合ったものを使ってあげるのがいいのだと思います。
応援ありがとうございます。

☆みゅうさんへ☆
ここ数日でかなり弱ってしまいました。
お顔もげっそりしてきました。
いつかはその日が来るんですが、それが少しでも先に延びることを願うばかりです。
今日もずっと側にいてあげたいんですが、避けられない用があって夜間まで出かけなければならないんです。
置いていくのが辛いです。(><)

お豆ちゃん、ご飯を食べて生きようと必死に頑張っているのですね。
少しでもぷくぷくさんと一緒にいたいのだと思います。
ほかのロボちゃん以上にビビリのお豆ちゃんだすからお医者さんとはいえほかの人に触れられるのはストレスになりますよね。
勝手な意見ですがぷくぷくさんの側でぷくぷくさんにお世話してもらうのがお豆ちゃんにとって最良なことなのではないかと思いました。
ぬくぬくのおうちで過ごすお豆ちゃんをもっと見たいです。
心から応援してます!
お豆ちゃん頑張って(^^)

覚悟はしていても弱くなっていく姿はつらいですね。
私が飼っていた長老の子も晩年は毛が薄くなってトイレに入るのが出来ないほどヨボヨボでしたが、ヘタに病院へ連れて行ってもかえってストレスになりそうでしたの、そのままにしておきました。
それが良い方法だったのかどうかはわかりませんが、結局飼い主さんの判断になりますよね。
ぷくぷくさんの悩む気持ちとってもよくわかりますよ。
どちらを選んでもそれが最善の方法だと思います。

お豆ちゃん、ムリせず(?)がんばって!!

☆さおりさんへ☆
応援ありがとうございます。
弱ってきたとはいえ、まだご飯を食べてくれるので、お豆もまだ生きる意欲は失っていないようです。
朝晩は肌寒くなってきたので、お豆のケージの下に電気座布団を敷きました。
そのせいか、ちょっと元気を取り戻したように見えます。
さおりさんの応援がお豆にも伝わったのでしょうね。
メイプルちゃんに赤ちゃんが産まれてお忙しいのに、本当に有難うございました。

☆こたさんへ☆
前日まで元気にしていたハムさんが突然旅立ってしまうこともあれば、
お豆のようにヨレヨレになりながらも寿命を延ばし続ける場合もありまよね。
生命って不思議なものだなぁと思います。
床材にペパーレを敷いてましたが、デコボコで転ぶのでキッチンペーパーだけを
そのまま厚めに敷きました。
バリアフリーにして はやばやと床暖房。
さっきまで興奮して歩き回ってましたが、やっと小屋で眠ってくれました。
応援有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183413/12186158

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のお豆:

« 久しぶりの散歩 | トップページ | それなあに? »