ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

« 毛づくろいのあとで・・・ | トップページ | さよなら お豆ちゃん »

2006年11月 6日 (月)

ありがとう お豆

Cimg2971w360_1
                             (2006.7.21撮影)

お豆がとうとう旅立ちました。

起床すると一番先にお豆のケージを覗くことが私の日課となっていましたが、
今朝見てみると、お豆はご飯入れの横で横たわっていました。

時々何もないところで横になって眠っていることがありましたが、一目見てもう息をしていないことが判りました。

昨夜、私が床に就いたのが 午前1時頃でしたが、その時は お豆は小屋の中で丸くなって眠っていました。
だから、夜中か明け方にご飯を食べに起きてきて、そのまま眠るように天に召されたのだと思います。

昨夜のご飯も半分ほど無くなっていました。                    

                      *

 
最近は脚がとても弱くなって、自分で転んで起き上がれずにもがいているのを手助けしてあげることも度々あって、もう長くないだろうなぁ、と覚悟はできていました。

毛づくろいもできなかったので、チッコやうんぴが毛に付いて身体はボロボロになってたけれど、ご飯もたくさん食べてくれたし、クルクルも毎日欠かさず回していたよね。

お昼寝のときは手や足をパタパタさせていたので、きっと野原を走り回ってる夢を見ていたんだろうなぁ。

身体を濡れたタオルで拭いてやり、爪も長くなっていたのでキレイに切ってやりました。
これでお空に行っても恥ずかしくないよ。

心残りなのが、こんなに長く一緒にいてくれたんだから、最期のお見送りをしたかったのに・・・。
ひとりで旅立つなんて寂しいよ・・・。

ビビリで全然飼い主に馴れてくれなかったけど、病気もせず元気でよく働いてくれたお豆ちゃん。

本当にありがとう。
よくうちの子になってくれたね。
感謝でいっぱいだよ。

お母たんはまだ 「さよなら」 って言えないの。
だから、今日はまだ「ありがとう」 だけを言わせてね。

                       *

ケージを見ると、まだお豆ちゃんがチョコチョコと走り回っているような気がします。

砂場にお線香を立て、今夜はお豆と最後のお別れをして、
明日、今までお星様になったハムちゃんが眠っているところに埋めに行こうと思っています。

これまでお豆を応援して下さった皆さま。
どうも有難うございました。
2歳9ヶ月。
皆さんの応援のお陰で お豆は天寿を全うすることができました。

Dscf2740w360

可愛いよ。 お豆ちゃん。
とってもきれいだよ・・・

                      Photo_72

« 毛づくろいのあとで・・・ | トップページ | さよなら お豆ちゃん »

お豆」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

まめちゃんとうとう・・・・・(・・、)
それでも大往生でしたね。
苦しまずに天国に行けたのかな?
最期にお見送り出来なかったのは残念でしたが、
まめちゃんらしいといえばらしいな・・・・・。
キレイなお花のベットで今夜はぷくぷくさんと一緒に居てあげてね?
まめちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

お豆ちゃん、大往生でしたね。
2歳9ヶ月なんてすごすぎます。
パクちゃんをお迎えしたとき、とても心配
されていたので、とても気になってました。
でも頑張って、パクちゃんともしばらく
一緒に過ごすことができてよかったです。
ご冥福をお祈りします

ぷくぷくさんは、覚悟ができていたんですね・・・

2歳9ヶ月・・・大往生です。
お豆ちゃんを目標にしていた方もいっぱいいると思いますよ。ほんとに立派でしたね。
ぷくぷくさん自慢のお豆ちゃんです。
今日は「ありがとう」だけ・・・そうですね、そのとおりですよ。感謝の気持ちでいっぱいですよね。

長生きしたお豆ちゃんは、いつまでもみんなの心に残っていますからね。ゆっくり休んでください。

お豆ちゃんのご冥福、心よりお祈りいたします。

お豆ちゃん、とうとう旅立ってしまったのですね。
もうすぐ3歳だったのに・・・。
あんなに立派なうんぴをして、くるくるも回して(T0T)
病気もしないで、とってもお母たん思いでしたね。
きっとおなかいっぱいでぐっすり眠って、天に召されたことでしょう。
お空からみんなを見守ってね。
ありがとう、お豆ちゃん。

こんばんは。
お豆ちゃん。よく頑張ったよね。ありがとう。
2歳9ヶ月なんて本当にすごいよ。
ぷくぷくさん最期を看取ってあげたかった気持ち
本当によく分かるよ。。。
最後まで回し車して、そのままちょこちょこ走って
お空にいっちゃったのかな。。。
お豆ちゃんとってもキレイよ。ありがとう。

お豆ちゃん、ぷくぷくさん
お疲れさまでした
一緒に過ごしたみんなとの思い出と
頬袋いっぱいにご飯を詰めて出発したんですね
きっと大丈夫ですよ
ゆっくり休んでください

ぷくぷく様、こんばんは。
お豆ちゃん、かわいい姿をいっぱい見せてくれてありがとうございました。目を閉じると、働き者のお豆ちゃんの姿が浮かんできます。
今にも起き出して、くるくるへ走っていきそうなお豆ちゃん。どうか、今はゆっくりと休んでね。
ぷくぷく様、お豆ちゃんはぷくぷく様の元で暮らせて幸せだったと思います。どうかお心お大事になさってください。
お豆ちゃんのこと大好きでした。ご冥福をお祈り申し上げます。

天寿を全う~というところで涙が・・・。
亡くなった祖父と重ね合わせてしまいました。
お豆ちゃんのように病気なしで長生きしてほしい、
きっとこれはハム好きさんの理想ですよね。
お豆ちゃんもぷくぷくさんも立派です!
この花はお豆ちゃんのために買ったのかな?
鮮やかでお豆ちゃんに凄く似合ってますよ。
ご冥福をお祈り致します。

ぷくぷくさんへ
まだ訪問して浅いので、お豆ちゃんのログをダイジェストで見せていただきました。
弱ったところもありながら、最期まで元気な姿を見せてくれてたんですね。
2歳9ヶ月もずっとぷくぷくさんと一緒に暮らせたお豆ちゃんは幸せだったと思います。
ぷくぷくさんが用意したうまうまを食べてお空へ行って、きっとお弁当にできるよ。
お空でハルに会ったら仲良くしてね、お豆ちゃん。
ご冥福をお祈りします。

お豆ちゃん、小さい体でがんばりましたね。
お豆ちゃんと知り合ったのが、つい最近なので、長生きですごいな~と思っていたんです。
お豆ちゃん、この間のときのように普通に寝ながら旅立っていったのかな。
最期を一緒にという気持ち分かります。
お豆ちゃん、ぷくぷくさんに出会えて幸せだったね。
ぷくぷくさんに出会えたから、2歳9ヶ月の大往生が出来たんだもの。
お豆ちゃんのご冥福をお祈りします。

こんな小さな体で、2年9ヶ月・・・。
すごいよ~。すごく頑張ったよ~、お豆ちゃん。最後まで、ぷくぷくさんに元気な姿を見せていたんだね。カッコいいよ。最高にカッコ良かったよ。
やっぱり寂しいよ。ぷくぷくさんが、一番寂しいハズ。でも外野も、本当に応援してたんだよ。お豆ちゃんの姿に、とっても勇気付けられていたんだよ。・・・残念です。本当に・・・。

謹んでお豆ちゃんのご冥福をお祈り致します。

ぷくぷくさま....

可愛いお豆ちゃん。
長生きしてくれてありがとう。
こんなに長生きした子は
私はお友達の中では知りません..。
サイトを訪れて元気だと安心したものです。

昨日も忙しかったけど
お豆ちゃんの写真を見て
「もう2歳と9ヶ月かぁ、もうちょっとで3歳だなぁ」なんて思っていたのです。

お豆ちゃん、お名前に似てお豆のように
ちっちゃくて可愛かったね。
たまにねんねしていて、まるで人間のおばあちゃんみたいだった...。
最後までありがとう。

ぷくぷくさん....
悲しみの中の報告はつらいですね。
ここまで長生きできたのは
愛情の賜物だと思いますよ。
お豆ちゃんがまた遊びにこれるように
何かうまうまを用意しておきますよ!

遊びに来てね。羽の生えた天使のお豆ちゃん

=^・^=

ぷくぷくさん お豆ちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします
2歳と9ヶ月、お豆ちゃんはこんなにちいさな体で
長生きしてくれたこと、すごいことですよね
ぷくぷくさんの愛情たっぷりのお世話の賜物でもあったと思います

鮮やかなお花に埋もれたお豆ちゃん、とってもきれいです

こちらでははじめまして。
いつも私のブログにコメントいただき有難うございます。

動物を初めて家族に迎えて未だ間もないもので、こういったお別れの場に送る言葉を持ち合わせていないのですが、ぷくぷくさんの文章を何度も読み返してみてぷくぷくさんが2年9が月の間にどれだけ豆ちゃんとの強い信頼関係を築いてきたかを感じることができました。
豆ちゃんが求めてぷくぷくさんが応える、ぷくぷくさんが求めて豆ちゃんが応える。
毎日毎日それを積み重ねて、とても充実した時間をお互い過ごされてきたのだと思います。

自分もこうありたい、と感じました。
まめちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

☆えーきちさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございます。
お豆ちゃん、とうとう逝ってしまいました。
満2年9ヶ月、大往生でした。
お顔を見ると苦しまずに眠っているようでした。
病気ひとつしないで一人で頑張ってきたので、旅立つ時も一人で行ってしまいました。
そうですね。お豆らしいですね。
これまでお豆を応援して下さって本当に有難うございました。
お豆、ちゃんと天国に辿り着けたかなぁ・・・

☆深雪さんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
私自身もお豆がこんなに長生きしてくれるとは思ってもみませんでした。
「パクちゃんをお迎えするまでは元気でいてね」とお願いしていたので、
少し心配してたんですが、パクちゃんがどちゅこいになるまで見守ってくれました。
お豆も安心して旅立てたと思います。
気にかけて戴いてどうも有難うございました。

☆FRDさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
先月、ちょっと弱った時期があったんですが、床暖にしてあげたら
持ち直してくれました。
お豆は本当に頑張ってくれました。
あんなに小さな身体だったのに・・・
これまで励ましのコメントをいただいて、お豆も私も本当に嬉しかったです。
応援のお言葉がお豆にも十分伝わっていました。
どうも有難うございました。

☆Sacchanさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
残念ながら3歳まで届きませんでした。
でもこれまでいただいた応援のお言葉は十分お豆にも伝わっていましたし、
私もとても嬉しかったです。
ブログを始めていなければ、お豆の写真もこんなに残ってはいないと思うので、
本当にブログをやっていて良かった・・・
一度も病気しないで、最後までうまうましてくれて本当に親孝行なお豆でした。
最後まで励ましてくださってどうも有難うございました。

☆ひめぷるさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
2年9ヶ月も一緒に居たので、最期を看取ってやりたいとずっと思っていたんですが、一人で行ってしまいました。
でも、それもお豆らしいかなぁと思います。
飼い主の手には全然馴れてくれなかったんですが、チッコで汚れた敷き紙を取り替える時なんか、紙の上に乗って邪魔したりして、それなりにお茶目なところもありました。
ここまで頑張れたのは皆さんの応援のお陰だと思っています。
どうも有難うございました。

☆さんしさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございます。
最後の夜もご飯の用意をしたら、慌てて小屋から出てきてうまうましてくれました。
ヨーグルトも食べてくれました。
頬袋にはうまうまと沢山の思い出を詰めて出発したことでしょうね。
今頃は休憩して頬袋から取り出して食べているかも知れませんね。
これまで見守って下さってどうも有難うございました。

☆呵々さんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございます。
お豆、とうとう逝ってしまいました。
呵々さんなら何日も一晩中起きてお豆の様子を診ていたんだろうなぁと思いました。
私はヘタレなので起きていることができなくて、お豆は一人で行ってしまいました。
それが少し心残りなんですが、お豆は最後まで自分で食べて、ダメな飼い主を助けてくれました。
本当にいい子、可愛い子でした。
呵々さんにはお豆のプレートを沢山作っていただきました。
とても励みになり、嬉しかったです。
どうも有難うございました。

☆アラレちゃωさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
2年9ヶ月も小さな身体でよく生きてくれました。
それに、病気を一度もしなかったというのもお豆が親孝行だったところです。
最後まで自分でペレットや雑穀を食べて、お野菜も食べて、ヨーグルトも舐めてくれました。
もうお豆みたいな子には巡り遭えないかなぁ。
お豆には小さな花が似合うと思って小菊とカーネーションを買ってきました。
棺も小さな干菓子が入っていた箱です。
これまでの応援、感謝しています。
有難うございました。

☆ぷちままさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
このブログを始めた頃、お豆は既に2歳半でした。
もうそれでも十分長生きなのに、ブログのネタをたくさん提供してくれ、
それから4ヶ月も一緒に居てくれてとても親孝行な子でした。
ブログのお陰ですね。
こうして皆さんから励ましや応援のコメントを戴いて、
お豆も私もとても嬉しかったです。
ひと足先に旅立たれたハルちゃん。
お豆をどうぞよろしくお願いしますね。
どうも有難うございました。

☆PICOさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
本当に小さな身体でよく頑張ってくれました。
足腰が弱くなって何もないところで転んだりしていましたが、病気ひとつせず、
最後の夜も普通にご飯を食べてくれました。
きっと眠るように最期を迎えたんだと思います。
私もお豆に出会えて幸せでした。
とても可愛い子でした。
こうして皆さんに見送っていただいてお豆も幸せです。
どうも有難うございました。

☆太郎と花子の父さんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございました。
お豆、カッコ良かったですか?
飼い主が頼りないもんだから、最後まで自分で食べてチッコして、
そしてひとりでクルクルに乗ってお空に行ってしまいました。
お豆も皆さんの応援でここまで頑張れたのだと思います。
お豆も感謝していると思います。
これまでの励ましのコメント、嬉しかったです。
どうも有難うございました。

☆Catさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございます。
私自身もこんなビビリのお豆がここまで長生きしてくれるとは思ってもいませんでした。
ブログを始めた時にはお豆はもう2歳半になっていたので、今年の夏は越せないだろうと思っていたんです。
それが面白い寝姿やうまうまの姿を見せてくれて、ブログのネタもたくさん提供してくれました。
3歳までは叶わなかったけれど、十分親孝行をしてくれました。
引き換え、私はどれだけお豆にしてあげられたでしょうか・・・。
ネロ君、お豆の分まで頑張ってくださいね。
ネロ君のクルクルが予想外に回っていたら、お豆が遊びに来て回していたのかもしれませんよ(笑
これまでの励ましのコメント、とても嬉しかったです。
どうも有難うございました。

☆みゅうさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございます。
私がブログを始める前に、みゅうさんのところでお豆の事を書き込みさせて
いただいてたんじゃないかしら。
ずっとお豆を見守って下さって有難うございました。
小さな身体でよく長い間頑張ってくれたと思います。
ちょこまかとよく動いて働いてくれました。
こんなに長く一緒にいたので、最期は看取ってあげたかったんですが、
ひとりで旅立ってしまいました。
最後まで世話をかけない良い子でした。
これまでの励ましの数々、嬉しかったです。
どうも有難うございました。

☆まゆパパさんへ☆
お悔やみのお言葉有難うございます。
ペットを飼っていると避けて通れないのがペットの死です。
私はこれまでハムスターを7匹見送ってきましたが、どの子もお世話が十分にできたかどうかは自信がありません。
もっとこうしてやれば良かった、などという反省ばかりです。
動物はなかなかマニュアル通りにはいかないものです。
お豆はとてもビビリだったので、最初 私はたぶんストレスでそんなに長生きはできないだろうと思っていました。
特別なことは全くしていませんでしたが、予想に反してこんなに長生きしてくれました。
生命とは不思議なもんだとつくづく思いました。
完璧を目指さず、大らかな気持ちで接することも良いんじゃないかと思います。
お豆は最後までひとりで頑張って、ダメな飼い主を助けてくれました。
ペットを飼う楽しさは、飼育という一方的なものではなく、与え 与えられという部分もあるかと思います。
お豆は無言でそういうことを教えてくれたように感じます。
コメントくださいましてどうも有難うございました。
とても嬉しかったです。


ぷくぷくさま、

今日はネロ頑張ったよ!
きっとお豆ちゃん、一緒に走ってくれたのでしょうね!

=^・^=

☆Catさんへ☆
ゆうべはネロ君頑張ってクルクルしたんですね♪
お豆が隣りで伴走してたのかしら(笑
また遊びに行きますね。
教えてくださってどうも有難う♪(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183413/12578496

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう お豆:

« 毛づくろいのあとで・・・ | トップページ | さよなら お豆ちゃん »