ワールド住人

  • おでん(2017.11月生まれ)

    Img_35451sw440

  • ショウ(2016.10月生まれ)

    Dsc052091sw440_3

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

« ハロウィンのプレゼント | トップページ | ももたろうの通院 »

2007年11月 2日 (金)

お宅拝見(パク編)

見た目では手足に麻痺があったことなどほとんど判らない状態にまで回復してきたパクちゃんです。

夜中は元気いっぱい走り回り、ももたろう用の大きな巣箱の屋根に登ってジャンプするようになったので、危険防止のためパクちゃんの身体に合った紙箱のお家に替えました。

Dscf8959w360

回し車はまだ常時設置とはいかず(一晩設置した翌朝に手が少し腫れていたので)、夜中の3時~4時ごろまで設置し、あとは朝まで外しています。
(夜中に一度起きるのがちょっと辛い(つД`)ネムイ)

カマボコ板は段差を小さくする為の階段代わりです。

紙箱のお家を二つ置いたのは、
紙の箱なら爪が立てられないので屋根の上に登れないということと、
寒くなると我が家ではケージの半分を床暖にするので、寒ければ暖房のある方へ、暑ければ無い方の巣箱で寝てもらう為です。

果たして飼い主の思惑通りにパクが使ってくれるかしら~?(*^^*)

まだ床暖をしていない今は、こんな調子で使っています。

右の小屋から左の小屋へ・・・、また別の日は 左から右へ。。。
一生懸命ティッシュを運んでいるけれど、ほとんど自分で踏んづけてるんじゃないかな~(^^;)
  

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**
  

先日、ももたろうと一緒にホームドクターにしている近所のT動物病院にパクも連れて行きました。

パクが発病した時は、運悪くT動物病院が夏休み中だったので、別の病院へ連れて行ったのですが、ほとんど良くなったといえども、またいつ症状が悪化するかも分らないので、先生にもパクの今の状態を診ていただこうと思ったのでした。

発病当時からのムービー数本と、腫れている手の写真などが入ったカメラを持参し、これまでの過程を説明して、現在のパクの走る様子を見ていただきましたが、この回復ぶりには先生も感心するほどで、これまでの処置が良かったのだろうと褒めてもらいました。

そして毎日ごく少量ですが与えているアリナミン(ビタミンB)とグルコサミンの効果を目の当たりにして、先生も少なからず驚かれた様子でした。
ただ、市販のビタミン剤を与える場合、ビタミンA・D・E・Kは摂取し過ぎると体内に蓄積され副作用が出る恐れもあるので、それらが含まれていないものを与えるようにとのことでした。
(アリナミンはB1・B2・B6・B12などで、A・D・E・Kは含まれていません)

関節炎は一時的に良くなっても、またぶり返すこともあり得るので、冬に向けてパクの状態をよく観察しながら日常の世話をしていきたいと思っています。
 

« ハロウィンのプレゼント | トップページ | ももたろうの通院 »

パクちゃん」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

こちらでは初めまして~。
パクちゃん良くなったのですねぇ。。。
本当に良かったです(^^)
ぷくぷくさんもこれで一安心でしょうか。。。
パクちゃんはまだ若いのだこれからも沢山かわいい姿を拝見したいです。

先日パクちゃんのお見舞いに行った時、麻痺の時とは比べ物にならないくらい
活発に動いていて、ビックリしたえーきちです☆
も~ぷくさんには何てお礼を言ったらいいかわかならいわ~☆(*/ \)オ~イオイオイ。。。

アリナミンからの説明は、本当勉強になるね!(゜゜ )
なんだか里親さん達が、どんどんお薬やサプリに強くなるので、
ウチの老ハムズは皆さんからのお裾分けで元気でいられるようなモンだわ~♡(爆)
ウチもコレ常備しとこうかしら☆(^^;)

ご無沙汰しています(^^)コメントはしていませんでしたが、いつもブログは拝見していました。パクちゃんの回復していくようすを読んで、ぷくぷくさんの愛情と、パクちゃんのがんばりに感動しました。ナナちゃんのお祈りもきいたかな?ほんとに愛情のなせるわざだと思います。パクちゃんが、動画でティッシュ(かな?)をいそいそと運んでいる様子を見ながら、にっこり(ひとりPCの前で。)してしまいました。

アリナミンの件、参考になります!少量というと、どのくらいあげていらっしゃいますか?

ぷくぷくさん、先日はありがとうごさいました。

ももたんの件はとってもびっくりしました。伺った日にはなんともなかったのに....
でも、パクたんもとっても元気になったし
ももたんも絶対大丈夫!!!

ぷくぷくさん、これからも色々大変だけど息抜きしたくなったら声を掛けて下さいね♪
お家に飛んで行くし、天六辺りでブラブラでも.....

☆おけいさんへ☆
こんにちは♪
コメント有難うございます。
お陰さまでパクは本当に良くなりました。
外科治療以外でこんなに回復の実感をつかめた経験はありませんでした。
それだけに達成感というか充実感があってとても嬉しいですし、応えてくれたパクにもますます愛情が募ってきました。
これからは他の病気にならないように注意しながら長生きしてもらいたいです。
どうも色々と有難うございました(*^^*)


☆えーきちさんへ☆
なかなか右脚が流れるのが治らなくて、もうずっとこのままかな?と思っていたところ、先月くらいから急に良くなってきたの。
私もこの回復ぶりにはビックリだわー(@@)
私よりパクちゃんの頑張りよ♪
アリナミンは(ハムには)1粒あったらかなり長持ちするよ。
えーきちも疲れた時にはこれ飲んでガンバレー!(笑)

☆tenkoさんへ☆
パクも頑張りましたが、皆様からの応援もかなり励みになりました。
どうも有難うございました。
アリナミンは細かく砕いて爪楊枝のお尻に付く程度をヨーグルトやお豆腐などに混ぜて与えています。
最初はアリナミン独特のニオイに躊躇することもあったのですが、慣れてくれば何も気にせず食べてくれるようになりました。
ビタミンBは水溶性なので、多少摂り過ぎてもビタミンCのようにオシッコに出てしまうそうです。
そういえば人間もアリナミンを服用した後のオシッコって少しニオイますよね(笑


☆HAMUHOさんへ☆
いいえ~♪
こちらこそ有難うございました(*^^*)
そうなの、ももたろう、あの次の日の夜に血尿が出ちゃったのよー。
HAMUHOさんに来ていただいた時は何の変わりも無かったのにねぇ(^^;)
ハムちゃんってホント油断がならないわー(汗
そうそう、今度天五でピッツア食べましょうか?
駅の近くのイタメシ屋さんです♪

えーきちから聞いてたけど、パクちゃん本当によく回復したね~♪
しかし、夜中に起きて、回し車を外すぷくぷくさん(つд⊂)エーン
感動しまくりだよぉーーー。
パクちゃんのように回復した症例があると、今後同じような症状が出たコがいてもきっと勇気付けられると思うんだ。
本当によかった!!!

深夜におじゃましま~す^^;
パクたん、そんなに元気になるまで回復したんですネ。お手てが腫れちゃうくらいまで回し車やっちゃうとは、嬉しくもあり悩ましくもありって感じですね( ´艸`)
よかったぁ。ほんとよかった!(´。pω・`。)油断は禁物なのでしょうが、とりあえずは一安心ですネ(*^-^*)
せっせことティッシュを運んでるパクたん♪落っことして踏んでるようにも見えますがその辺はご愛嬌です(笑)
これからもパクたんの健康とももたんの回復を祈っています。

ビオフェルミンもよく聞きますけどアリナミンも良かったのですね!アリナミンって、一般の薬局で買えるお薬のことなのかな・・・ハムちゃんに良さそうなので私も是非買ってみようと思います^-^
おっちょこちょいな私のことなので使用方法だけは間違えないようにしなきゃですね><

☆Sacchanさんへ☆
えへへ・・・(^^;)
私も心配性だから、そのままでも大丈夫かも知れないけど、私ができる間は気をつけて調整してあげようと思って。
そうよね、ハムの関節炎なんてほとんど聞かないし、私も調べてはみたけどコレという情報には行き当たらなかった(つд⊂)
結局、人間の治療を参考にしてみるのもひとつの手ですね。
人間用の治療薬でもラットやマウスで実験しているんですものね。
Sacchanにも色々心配して頂いてホント有難うございました♡


☆ハム子さんへ☆
ハムは元気な時は気持ちが高揚して頑張り過ぎちゃうからね~。
「今あまり走ると後で痛くなるからほどほどにしておこう」というセーブができるといいんだけど・・・
ここまで回復できてひと安心です。
もしぶり返しても、これまでの経験で対処できそうですし(^^;)ヤレヤレ
アリナミンは普通に薬局で売っている物ですが、普段は全く必要ないですし、投与の際は念のため獣医さんにに相談なさる方がいいと思います(*^^*)

ぷくぷくさん、はじめまして。
はななと申します。

わが家のうい(1歳5ヶ月)が3日前に左前足以外の3本の足が、麻痺状態になり歩くのもおぼつかなくなってしまいました。
後ろ両足は広がってしまって、前右足は内側に曲がっている状態です。
ほんの数日前まではタタターっとお家から出てきては、元気に回し車を走っていたのがうそのように今はおぼつかない足取りです。
高い所から落下して脊髄を痛めてしまったのか、腫瘍が出来て神経を圧迫しているのかとのことでしたが、まだはっきりとはしていません。
(ここはパクちゃんと同じことを言われました)
金曜日にまた通院予定です。
今は抗生物質入りの消炎剤を飲んでいます。

実はブログにういのことを載せたところ、
ぷくぷくさんのブログを拝見されていらっしゃる方が、
ぷくぷくさんのお宅のパクちゃんも同じ症状になって
回復されましたよとご親切に教えてくださいました。

パクちゃんの回復ぶりを拝見させていただいて、
私も元気付けられました!

とりあえず昨日病院から帰ってきて、すぐにバリアフリー生活にするべく思いつくところを変更しましたが、
お家の入口が狭いということに気づき、こちらも箱で対応したいと思っています。

まだはっきりとしたことは分からないですが、
ういもパクちゃんのように元気になるように頑張りたいと思います。
長文失礼いたしました。

☆はななさんへ☆
はななさん、こんにちは。
はななさんのブログでういちゃんの様子を拝見してきました。
パクと同じような感じですね。
ウチでも原因や病名は特定できず、ひととおりの病院での治療が終われば自宅で手探り状態の看護でした。
ういちゃんもお薬は今は抗生剤+消炎剤ということですが、それで効果が表れなければ、たぶん次はステロイド系のお薬が処方されると思います。

お世話で気をつける事といえば(パクの例なのでういちゃんに当てはまるかどうか分りませんが・・)
・移動の距離を短くするためにケージは小さめにする
(動かない手足を無理に動かすと手指を捻挫する恐れがあります)
・バリアフリーにして、床も凹凸を無くし、回し車やオモチャ類は撤去
・エサのお皿やトイレもフチが低いものを使用
(スロープを作ってあげるなど工夫してあげる)
・いつも同じ向きで寝て床ずれなどできていないか身体を小まめにチェック
・今の時期は明け方など寒いので保温に気をつけてあげる
(小屋の中の巣材を多くすると動きにくくなると思うので、保温方法は考えてあげてください)

それから、これはハム友さんから教えていただいたんですが、ビタミンBには神経や関節に効果があるので、アリナミンを細かく砕いたものを爪楊枝のお尻に付く程度をヨーグルトなどに混ぜて一日一回与えていました。
(上の記事に書きましたようにADEKは含まれていないビタミン剤が良い)

ういちゃんの場合、どういう原因の麻痺なのか分りませんが、もし関節炎やリウマチの病気であるならば長くかかってもパクのように絶対に回復しますから諦めないでくださいね。
ういちゃんのことは他人事と思えません。
もし何か疑問点でもあればお気軽にコメントをください。
ういちゃんが良くなりますよう心から願っています。

過去記事ですが、飼育環境ネタだったのでコメしていきますw
パクちゃんが快適な方を選べるというのもいいですね。
今回のポイントはかまぼこ板でしょうか?
ぷくさんの優しい心遣いで回復してるんだなぁと♪

同じく通院時は動画を持参しています。
自宅と同じ動きしてくれなかったりしますもんねw

ブログを通じて幸せなハムが増える・・・なんて微笑ましい(*´ω`*)v
私の友達にもパクちゃんと似た症状のコがいたので、
勝手ながらLOVEはむワールドを紹介しました^^;
コンタクトあったらよろしくお願いします^^

☆アラレちゃんさんへ☆
おぉ、飼育環境ネタに来てくれてありがとう~♪
そうそう、このお家のポイントは温度で左右の家を選べるというところ。
左半分に床暖をしてるんですが、今のところ右の家にティッシュを詰め詰めにして寝ています。
でも、居ないと思って左の家を持ち上げると、眠たい目をして寝そべってることもあるので、だいたい飼い主の思い通りの使い方をしているようです。
動画を今回初めて病院に持っていったのですが、症状を伝えるのにとても良い手段だと思いました。
やっぱり動画は撮っておいた方がいいですね。

お友達のハムさんもパクのようになっちゃったんですか?
最近は原因不明の症状も多く聞くようになりました。
パクの記事がお役に立てるなら嬉しいです。
お友達のハムさんが良くなりますよう祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183413/16950371

この記事へのトラックバック一覧です: お宅拝見(パク編):

« ハロウィンのプレゼント | トップページ | ももたろうの通院 »