ワールド住人

  • おでん(2017.11月生まれ)

    Img_35451sw440

  • ショウ(2016.10月生まれ)

    Dsc052091sw440_3

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

« タクミと佐藤錦 | トップページ | キンちゃんとサクランボ »

2012年7月 8日 (日)

タクミ通院

今日ボクは初めてお医者さんに行ったのだ。

優しい女の先生で、お腹や背中を触られたけどちっともイヤじゃなかったよ。

でもいつもと違う網のケージだったし、犬の声なんか聞こえてちょっと興奮しちゃった。

なので、お家に帰ってオヤツもらってひと休みなのだsleepy

Dscf2181w360
  

*3日ほど前にタクミの左わき腹の背中よりのところに腫瘍らしきものがあるのに気がつきました。
毎日抱っこして触っているはずなのに、異常に気付くのはホントに突然なんだから・・・
2歳8ヶ月の高齢なので手術などは念頭になく、ただ他にもしこりはないか、これからの対処などについて教えていただこうと病院に行ってきました。

私の感覚では左側しか気がつきませんでしたが、右側の同じところにも小さなしこりがあるらしい。
触った感じでは脂肪腫のようですが急激に大きくなるようなら悪性の可能性もあるとのこと。
キンちゃんの時もそうだったけど、結局、細胞を検査しないと判断できないんですよね。
どちらにしても外科手術はしないで、このまま温存することにしました。
この状態を保ったままで、タクちゃんの生涯を穏やかに終えて欲しい。
というのが飼い主の願いです。

それから、耳の中に炎症があって耳垢がたまってるとかで、ピンセットで大きな耳クソを取ってもらいました。
お~い、よーく聞こえるようになったかい?(笑)
お薬は耳の炎症のための抗生剤だけが処方されました。
ちなみに心臓や呼吸の音に異常は見つかりませんでした。

タクちゃん、診察中は大人しく先生に身を任せてとても良い子でした。
この歳にしては背中が丸くなっていないし、肉づきもそう落ちていないので、とても若々しいと褒めてもらいました。
「キンちゃんもタクちゃんも性格が穏やかでいい子ですね。」
先生の言葉に、わたしの低い鼻から自慢毛がチョロリと見えていたに違いありません(爆)

« タクミと佐藤錦 | トップページ | キンちゃんとサクランボ »

たくみ」カテゴリの記事

病気」カテゴリの記事

コメント

タクちゃん、ぷくぷくさん、通院おつかれさまでした。
腫瘍があまり大きくならないで、このまま維持していけますように。あまりよぼよぼした感じではないので高齢であることを忘れて見てしまいますが、2歳8か月なのですねぇ…。
タクちゃん、本当に偉いです!
そして、それは、ぷくぷくさんのおせわの賜物ですね。ぷくぷくさんのおうちの子はみんな長生きで、とてもうらやましいです。
穏やかな日々がずっと続いてくれますように。

写真では全然わからないけどね。
ほんと若々しくてさー。
しかし、白っこ女子部屋が天界に旅立ったのも似たような時期だけど、腫瘍発覚もまたすみょん、こさじも一緒で不思議だね。
そういう年齢ってことだよね。
若くても、やっぱり何かしら出てくるのか・・・。
だけど、なんとなくだけど、タクちゃんは腫瘍を抱えても、予定通りの寿命は全うできるような気がするよ。

鼻毛チョロリどころか、ぼーぼーだったんぢゃない?(笑)

長生きするとそれなりに何かしら出てきてしまうんでしょうか。
でも、パクたんだって、うちの亡きジャンペイだって腫瘍抱えながら三歳越えしたんですもん!
たくちゃんだって、若々しい力で生き抜ける、そう思います!
誉めてもらえて、自慢毛鼻毛ぼーぼーになりますよね(*^▽^*)
嬉しいものですよ。

タクちゃん通院お疲れ様~paper
も~も~すみょんとヘンなところで似た者夫婦にならんでもいいのよ~coldsweats01
こったんやタクちゃんの年齢だと、老化に伴った、悪いトコが出てきてもしょうがないし・・・本当、急激に大きくならないことを祈ってるわ~coldsweats02

ぽっちよりも、大きな耳クソが気になる耳掃除大好き人間なんですが(爆)
写真はないのかなぁ~gawk 見たかったよ~newmoon

こんにちわ。
タクちゃんもですか…。
本当に兄妹、つくづく不思議なことですが
だからこその絆の深さに感心します。
私もぷくぷくさんと同じ意見です。
苦痛を伴うような詳しい検査もするつもりはないし
できるだけ長く延命し、こさじらしく過ごせるようにサポートしていきたいと思います。

すみょんちゃんと言い、タクちゃんと言い、
なんて似た者夫婦なの!
こんな事は似たくは無いけどね(^。^;
このまま腫瘍が大きくならず、悪さもせず、タクちゃんらしく
まったりと過ごせる事を娘ポミンと共に祈ってます。
そうよね~。ほんと、ぷくぷくさんちの子達はイイ子だもんね♪
私ももう1回、みんなに逢いたいなぁ~。

◆ゆあさんへ
腫瘍ってある日突然気付くもんなんですねぇ。
日頃から抱っこして触ってるつもりなんですが、気が付かなかったというか油断したというか…
幸い内臓にできたものではないので、生活するうえで大きな支障はなさそうです。
この状態を保ったままで残る月日を過ごしてもらいたいです。


◆Sacchanさんへ
時期が重なるってあることなんだね。
白ちゃん姉妹が亡くなったのは約束したかのように時期が一緒だったし、腫瘍が見つかったのも数日の違いなんだもん。
おすみちゃんは若いからしっかり治してまだまだ活躍してもらいたいけど、こさじちゃんとタクミは余生を穏やかに過ごしてもらって、眠るような最期を迎えてほしいな。
自慢毛もだけど、鼻の穴も全開で得意げだったと思うよ(爆)


◆こはさんへ
年の割に元気そうでもやはり内臓機能の衰えはあるだろうし、人間の寿命が延びるとガン罹患率が増えるように、ハムにも腫瘍ができる確率は上がるのだと思います。
腫瘍があっても生活するのに支障がなければ、タクミも腫瘍に気付かずに過ごしてくれるかも知れません。
獣医さんに褒めてもらうと私自身が褒めてもらったように嬉しくなっちゃいますね♪

◆えーきちさんへ
愛妻と同じ病気になっちゃうなんてラブラブ夫婦やね~heart04
今のとこ大きくなった感じはしないけど、だんだん大きくなるようだったら腫瘍のところが薄毛になっちゃうかも知れないなー
耳の診察はライトで覗いても尖ったピンセットを耳に突っ込まれてもぜ~んぜん動かず先生に身を任せていたタクちゃん。
先生も感心してたけど、私もタクちゃんスゴイって思っちゃったshine
耳クソ持って帰れば良かったな~newmoon


◆ろぼ吉さんへ
先生にもタクミのきょうだいたちは全員2歳7ヶ月まで生きて、同じブルサファの女の子が歯切り生活なのにまだまだ頑張っているんですよ、と自慢げに話したんですよ(笑)
もう十分頑張ってくれたんですから、あとは辛くならないような処置やお薬くらいにして、残りのハム生をゆっくりと過ごして幸せな気持ちでその日を迎えてもらいたいです。
若い子も可愛いけれど、老ハムは愛おしいですねheart01


◆ちえさんへ
おすみちゃんとタクちゃんは、ちえさんとりょーたろーさんみたいにラブラブ夫婦なんだよ~heart04(爆)
タクちゃんの腫瘍は今のところ大きさに変化はないようです。
内臓ではなくて皮下にできたものなので、多少大きくなっても良性ならばそう支障は出ないと思うのですが…
ココも固太りになったし、キンちゃんも元気だし、もう一度うちの子を抱っこしてちえさんにウキャキャ~♪と笑っていただきたいでちゅわ~(*^^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183413/55148790

この記事へのトラックバック一覧です: タクミ通院:

« タクミと佐藤錦 | トップページ | キンちゃんとサクランボ »