ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

萌え萌え、子ハムちゃん

お久しぶりでございます。
飼い主はじめ、金之助、ココ、それぞれそれなりに元気にしています。
キンちゃんは今月20日に2歳4ヶ月になりましたが、特に老化したとも感じさせず、相変わらず引きこもりのゆるゆるペースで過ごしています。
ココもお薬の効果が出ているようで、安定した状態を保てています。

そして、こちらも久しぶりにカツレグの子ハムたちが2月4日に誕生し、すくすくと育っています。
前回の繁殖(タクミ・すみょんの子供、ココたちの世代)から1年10ヶ月。
あぐさん宅のルピ君(ココの兄弟)がパパで、同じくあぐさん宅の若いお嫁ちゃんモルたんとの間に9匹もの赤ちゃんが産まれました。
ルピ君、頑張ったねrock

誕生して20日ほど経つので、その子ハムたちを見に行ってきました。

もう、なんて可愛いのっ!happy02

Dscf3427w360

最初はバラけてうろうろしていた子ハムたち。
そのうちトイレの中に集まりだして・・・


Dscf3433w360a
『あたちも中に入ろうかなぁ』


Dscf3435w360a
『ふふっ、入ったわよ♪』


Dscf3439w360a
『あ、そんならボクも入るで~』

Dscf3442w360a
『ふふっ、入ったよー』

Dscf3437w360a
『それじゃぁ、お母さんも入ろうかしら』

途中まで強引に押し入ろうとしたモルママでしたが、さすがに無理だと判断してあきらめました。

 

Dscf3443w360a
えーきち「おいで~♪」

ぎゅうぎゅう詰めなので出ることさえままならず・・・
下敷きになっている子は苦しくないんだろうか(^^;)

そして、お決まりのわらわら全員手に乗せる至福のひとときheart04うっとり
 

Dscf3447w360

誰かのウンPを顔につけられたままの子がいたり…


Dscf3448w360

一匹だけ勇気をだして腕まで登ろうとしていたり…


Dscf3449w360

わらわらも9匹いると「どっちゃり」感があって、幸せも倍増heart04heart04


Dscf3459w360

我が家でお迎え予定の子は食紅でマーキングしてもらいました。

Dscf3462w360

お手手と頭が黄色くなりました。
2週間後に我が家の一員になりますが、それまでもるママとあぐママのもとで愛情いっぱい受けて大きくなるんだよhappy01

2013年2月 1日 (金)

ココ笑う

数日前、本宅の隣りにくぼみを作って昼寝していたココ。

こらこら、そんなところで寝てると風邪引いちゃうよヾ(^^)

Dscf3130w360

そしたら今朝はこんな本格派地下型別荘が出来上がってました。
 

Dscf3147w360
『ふぅ~dash苦労したけどいい具合に仕上がったわ』
 

Dscf3145w360
『(*^_^*)』

ココちゃん、満足のいく出来栄えに満面の笑みですhappy01

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »