ワールド住人

  • おでん(2017.11月生まれ)

    Img_35451sw440

  • ショウ(2016.10月生まれ)

    Dsc052091sw440_3

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

« 京都市動物園・ゾウさんのわらわら(9/8) | トップページ | 京都市動物園・キリン一家・他(9/8) »

2015年9月14日 (月)

京都市動物園・ゴリラ一家と京都の森(9/8)

京都市動物園・ぞうさんのわらわらの続きです。

ぞうの森の隣りにブラジルバクの展示スペースがありました。

家族のご紹介
Dsc00440w440

娘のルリちゃん(2014年9月25日生まれ)
Dsc00443w440
もうウリ坊のような模様はなくなっていました。

お母さんのミノリさんかな?
Dsc00447w440

お父さんはいなかったので、お母さんと交代展示かもしれません。
そして、娘のルリちゃんですが、9月14日に中国に移動することが発表されました。
丁度今日ですね。
初めて会ったばかりで残念ですが、中国でも健康で幸せに暮らして下さいね。

サル山。
Dsc00454w440

この運動場は昔の面影あるなぁ。
小雨が降っていたので、みんな丸くなって座っていました。

Dsc00453w440

そして、京都市動物園のアイドルのひとり、ゴリラです。

家系図
Dsc00456zv440

現在飼育されているゴリラ一家。
ゲンタロウ君はゲンキ母さんのオッパイの出が悪かったので人工哺育されましたが、10ヶ月ほどでお母さんの元に戻ったそうです。
今ではタッチパネルでお勉強もしています。
Dsc00472zv440

ゴリラのお庭。
どこに居るか分るかな?
Dsc00473w440

お父さんのモモタロウさん。
Dsc00461zav440

この日はコンデジ撮影だったので、望遠はピントがズレてごめんなさい(^^;)
Dsc00732aw440

惚れ惚れするような立派な背筋とお尻happy02
Dsc00736av440

お母さんのゲンキさん、お父さんを見上げています。
Dsc00463zav440

そこへ息子のゲンタロウ君もやってきました。
ふたりの視線の先はお父さん。
Dsc00465aw440


Dsc00466zav440
母『ゲンちゃん、上で遊ばないの?』

Dsc00467zav440
ゲン『ん~、あんまりあそこでは遊びたくないんだ…』

Dsc00470zav440
ゲン『だって、ボクが木の枝をオモチャにして遊ぼうと思ったら、
お父さんが取り上げて自分が遊ぶんだよ~』

Dsc00474zav440
母『ん~、お父さんにも困ったもんだわね~』

なんてことを話しているのかな?
ぷくぷくの妄想が膨らむ~(爆)

次は9月5日にオープンされた『京都の森』ゾーンです。

Dsc00521w440

緑の小道
Dsc00482w440

エゾヒグマのアイさん。
プレートによると、これまでにたくさん子供を産んだとか。
Dsc00477w440
だいぶ歳を重ねているように見えましたが、これからもお元気でね。

アカショウビン(カワセミ科)
Dsc00485w440
コオロギを咥えています。

Dsc00487w440

緑の小道が続くなかに動物が展示されています。
 
Dsc00488w440

こんな石地蔵も。
京都の里山を模して造られています。
Dsc00493w440

小雨が降っていたので木々の緑がきれいで、とても癒されました。

Dsc00494w440

ニホンアナグマ
Dsc00497w440

ホンドタヌキ
Dsc00504w440

とても美人で(♂か♀か判らないけど…)可愛いタヌキさん。
Dsc00502w440

疎水がとてもいい感じ。
Dsc00507w440


Dsc00509zv440

京都の森展示室。
里山に住むサンショウウオやヘビ、トカゲなど展示してありました。
Dsc00518w440

水禽舎
Dsc00511w440
絵を描く青年もいました。

Dsc00525w440

京都の森や里山をコンセプトにした造形が、しっとりと落ち着いた雰囲気を出しています。
動物の種類が多くなくても、こういう見せ方や造り方の工夫で、お客さんも満足する素敵な動物園になるのだと思いました。

« 京都市動物園・ゾウさんのわらわら(9/8) | トップページ | 京都市動物園・キリン一家・他(9/8) »