ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

病気

2013年1月16日 (水)

再発

こんなチャーミングな寝姿を披露するココちゃん。

綿棒のような白いアンヨが可愛いぞっheart04

Dscf3097w360

と思っていたら、これがクセモノだったheart03

肺水腫が再発してしまいました。
再発もあろうかと注意していたので、前回のように症状が酷くなる前に気がつきました。
昨日はとりあえず利尿剤の注射を打ってもらいましたが、お薬を飲んでいても再発したので、今度は心臓の薬も処方されました。
心臓薬といっても血圧を下げるような成分だそうです。
血圧が高いと肺に水が溜まりやすくなるそうで、様子を見ながら処方薬の成分を強くすることも考えるそうです。

Dscf3100w360_2

昨日は↑こんな調子でしたが、今日は食欲が出てきてチョロチョロ動くようになりました。

今日も夕方、状態を見てもらうために通院です。

Dscf3106w360

暖かい場所に居ると心拍数が上がって苦しくなるせいか、時々小屋の外で寝ています。

2012年8月22日 (水)

タクちゃんのその後

はーいpaper、ボク、たくみだよ~。

いや~なんだか最近こじんまりしちゃってねー。

前は52gくらいあったのに、今は40gそこそこでメタボの面影もなくなったよ。

Dscf2369w360

お腹の両脇の腫瘍はそれほど変化なくて、ボクもあんまり心配してないの。

それより右の耳が痒くってさー、ジクジクしてるし、おまけに耳穴の入口付近にできていたモノがだんだん大きくなってきて、カイカイすると爪で引っ掻いて傷になって血が出ちゃうんだ。
 

Dscf2380w360a

朝と晩にお母さんが濡らした綿棒で耳ダレを拭いてくれるけど、ボクそれがイヤでさー

だけどお母さんの指についたヨーグルトを舐めてる間に終わってて、なんかいつも騙された気分だo(`ω´*)o

こさじちゃんはすごく頑張っててエライなぁ。

ほんと尊敬するよshine

ボクもこさじちゃんに負けないようにお薬飲んで頑張らなくっちゃね ☆

2012年7月 8日 (日)

タクミ通院

今日ボクは初めてお医者さんに行ったのだ。

優しい女の先生で、お腹や背中を触られたけどちっともイヤじゃなかったよ。

でもいつもと違う網のケージだったし、犬の声なんか聞こえてちょっと興奮しちゃった。

なので、お家に帰ってオヤツもらってひと休みなのだsleepy

Dscf2181w360
  

*3日ほど前にタクミの左わき腹の背中よりのところに腫瘍らしきものがあるのに気がつきました。
毎日抱っこして触っているはずなのに、異常に気付くのはホントに突然なんだから・・・
2歳8ヶ月の高齢なので手術などは念頭になく、ただ他にもしこりはないか、これからの対処などについて教えていただこうと病院に行ってきました。

私の感覚では左側しか気がつきませんでしたが、右側の同じところにも小さなしこりがあるらしい。
触った感じでは脂肪腫のようですが急激に大きくなるようなら悪性の可能性もあるとのこと。
キンちゃんの時もそうだったけど、結局、細胞を検査しないと判断できないんですよね。
どちらにしても外科手術はしないで、このまま温存することにしました。
この状態を保ったままで、タクちゃんの生涯を穏やかに終えて欲しい。
というのが飼い主の願いです。

それから、耳の中に炎症があって耳垢がたまってるとかで、ピンセットで大きな耳クソを取ってもらいました。
お~い、よーく聞こえるようになったかい?(笑)
お薬は耳の炎症のための抗生剤だけが処方されました。
ちなみに心臓や呼吸の音に異常は見つかりませんでした。

タクちゃん、診察中は大人しく先生に身を任せてとても良い子でした。
この歳にしては背中が丸くなっていないし、肉づきもそう落ちていないので、とても若々しいと褒めてもらいました。
「キンちゃんもタクちゃんも性格が穏やかでいい子ですね。」
先生の言葉に、わたしの低い鼻から自慢毛がチョロリと見えていたに違いありません(爆)

2012年2月14日 (火)

キンちゃん完治する

今月初めはタクミとココちゃんの月誕生日があったので、金之助の報告が遅くなってしまいました(単におさぼりしただけですsweat02
先週の木曜日に足のカサブタが取れてほぼ完治した状態になりました。
翌日、病院で診てもらったところ、カサブタは全て取れてもう炎症の心配はないし、手術した指もきれいに治ってお薬は必要なくなり、通院もその日で終了となりました。

カサブタが取れかけている2/9の写真↓

Dscf1688w360

 
数時間後に見たら完全に取れていました↓

Dscf1695w360

あースッキリした happy01
今はもっと腫れが引いて左右の足の大きさが同じになりました。
 

人差し指が無くなったので、親指と中指の間がビミョーな間隔になりました。

Dscf1690w360
 

担当の先生(女性)はキンちゃんを可愛がってくれて、「もうキンちゃんに会えなくなるのは寂しいねぇ」なんて仰ってくれました。
まぁ、病院のお世話にならないのが一番良いことだからね~(*^^*)

ただ心配なのが、腫瘍の組織検査をしていないので(希望しませんでした)、悪性だった場合の転移があるかも知れないということです。
お腹など触診してもらったところ、今のところ腫瘍らしきものの感触はないということでしたが、これからもチェックは怠らないようにしなくては…。
 

Dscf1525w360
『おいら、がんばったよー』

病院ではいい子にしていたキンちゃんだけど、先生に抱っこされるたびにでっかいウンピをポロポロ出し続けていたのは内緒にしててあげるよ(爆)smile

2012年1月30日 (月)

キンちゃんの経過

金之助が手術を受けて約3週間経ちました。
足首のほうは少しづつ良くなっているようで、足の腫れもだいぶ引いてきました。

とはいえ、両足を比べてみると左足はまだ分厚く、ここから元通りになるまでには時間がかかりそうです。
(これでかなりマシになったんだから、どれだけ酷かったか… 今思い出しても怖いshock

Dscf1487w360_2
<1/30撮影>
 

Dscf1502w360
<1/30撮影>

手術した指のところはきれいに治っているそうですが、まだ足首にぐるりとできたカサブタは残っています。
革製アンクレットをしてるみたい?(^^;)

下から肉が上がってきている部分は浮いてきました。
このカサブタが浮いてきた時に引っ掻くと、またカサブタができちゃうんだろうな~
私自身も気になるカサブタは自分で取ってしまうんで、気持ちはよく分るがキンちゃんは止めてよね(^^;ヾ

完治までもうしばらくかかりそうですが、キンちゃんは食欲もあり元気です。
回し車ももう普通に回していますdash

Dscf1503w360

昨日から消炎剤と抗生剤の2種あったお薬が抗生剤だけになりました。
異常がなければ次は一週間後の通院です。

2012年1月24日 (火)

キンちゃん回復途中

金之助の足の具合を心配して下さっている皆さま、報告が途絶えてごめんなさいsweat01
ご心配おかけしています。

実は前回の記事のあと、キンちゃんの足の腫れがますます酷くなって見るも恐ろしいことになってましたshock
もう風船を膨らませたようにパンパンになった足はマッサージどころか、少し圧をかけただけでプッシューdashとリンパ液があちこちから飛び出してきそうな感じがして、超心配性の私は胸がドキドキして居てもたってもいられないような気分になったり、ある時は何もやる気が起こらずやさぐれてコタツでフテ寝などしておりました(=´Д`=)ゞ

金曜にはまだ完治していない手術の傷が腫れによって割れて、ジクジクとなにやら汁が出てきて、「あ~もうアカンsweat01」と落ち込んだりもしました。
が、土曜日にカツレグ保健担当の(笑)あぐ女医が、心配にうち震える私の声(そんなええもんちゃうが)を聞いて、深夜の往診に来てくれましたrvcardash
あぐちゃんと話しているうちに心細かった気持ちも消え、座ってるキンちゃんを見ておωさんが3ツあるみたいだね、なんて冗談も言えるようになって、ずいぶん気分も楽になりました。

日曜には連休していたhospitalの担当医がやっと出勤。
「腫れは変わらないけれど足の色は悪くないし、足首を巻くカサブタが浮いてきている部分もあるので、少しづつだけど良くなっています。時間はかかるけど浮腫もカサブタが取れて皮膚が形成されていくと血行が良くなり徐々に引いてくるでしょう。」
というような診断をもらいました。

時間はかかってもだんだん良くなっているという希望が出てきてホッとしていたら、なんと昨日の朝にはキンちゃんの足の腫れがかなり良くなっていました。

Dscf1469w360a

暴れるのでピンボケになってしまいましたが、以前に比べて傷も良くなり腫れが引いています。
なんだか右足の指の方が腫れてるみたいじゃないか?(笑)
Sacchanは足より別のところに釘付け?(爆)

Dscf1473w360

足首(特にアキレス腱側)の傷が深いので、カサブタがかなり固くなっていますが、そこが浮いてくると踵の腫れが引いてきそうです。

Dscf1460w360
『もうマッサージはヤだからね』

そんな事いわずに早く治そうね。
もう少しの辛抱だよ(^^;)(含自分)

2012年1月18日 (水)

一週間目

先週の今日、キンちゃんは指の手術を受けました。
何事もなければ一週間経てばほぼ元の生活に戻れたでしょうが、想定外の事態になってしまって、元の生活に戻るのは当分先になりそうです。

今日も足の具合を診てもらってきました。
昨日のステロイドの注射は効果がなくて、昨日と同じまま足が腫れています。
ステロイドが効かないということは、この腫れは炎症によるものではなく浮腫だろうということです。
やはり足首の傷のところで血行が悪くなっているせいだと思われます。

でも足先は紫色にはなっていないし、とりあえず血は循環しているようなので、通常より時間はかかっても足首の傷がカサブタになり、それが取れて新しく皮膚もできていくだろうということでした。
長くかかってもいいです。
希望の言葉が聞けることが嬉しいです。

浮腫なら血行を良くするのが一番ですよね?
キンちゃん、今日は先生に足先マッサージをしてもらってました。
メチャ嫌がってたなー

ご飯はちゃんと食べてくれます。

Dscf1457w360

 
こんな不安な時でもタクちゃんの寝姿を見ると癒されるなぁ~(*´ω`*)

Dscf1260w360

きみは天使だねheart04

2012年1月16日 (月)

術後5日目

手術後5日目になる金之助のあんよ。
想定外な足首への自傷攻撃で回復が遅れています。
なんでだよぉ、キンちゃん・・・

昨日の通院では、「脚の脛の部分は毛が生え始めているし、足の腫れもこの分なら飲み薬で様子をみていていいでしょう。
指の傷口の糸は自分で抜糸してしまい、傷が少し開いているけれど、下から肉があがってきているので、この程度なら問題ありません。」
ということだったので明日の予約を入れていたのですが(今日は担当医が休みのため)、夜になって足の腫れが酷くなってきたために今日も通院してきました。

キンちゃんは足首をぐるっと一周齧っていて薄い皮が残っている状態なのですが、その皮膚が乾燥して縮んできているのだとか。
ちょうど足首にゴムを嵌めているような感じ?
それで足の方に行く血液やリンパの流れが悪くなって足が腫れているのだそうです。

そこでステロイド(消炎剤)を注射することになったのですが、なんとそのDr.はベテランなのにハムの注射がヘタっぴthunder(診察は何度も受けたことがあるのですが…)
お尻にそのまま針を刺そうとするところを(それは犬じゃないの?)看護士さんに「皮をつまんでやるといいです。」と言われ、看護士さんがつまんでいる背中の皮膚にゆっくりと針を刺そうとして・・・
あっ、早く刺さなきゃsweat01
と思った瞬間、案の定キンちゃんは皮膚を引っ張られたまま釣りあげられた魚のようにビチビチ暴れ出し、何度も針を刺そうと追いかけるDr.から逃げまくる逃げまくるdashdashdash
あんな素早いキンちゃんは初めて見たsad

金之助の背中から血が流れているのを発見した私の「血が出てますっsign03bearing」という言葉で、今度は背中の血を拭こうとアルコール綿を持ってまたもやキンちゃんを追い回す追い回すdashdashdash

結局、注射できなくて、「では、内服薬にします」って・・・
信じられな~いsign03 ┐(´д`)┌
なんですが・・・(・_・)

エライ目にあって帰宅したキンちゃん。
お薬はちゃんと飲んで、今は小屋でゆっくりしています。
明日は担当医が出勤しているのでよく診てもらうことにします。。。

2012年1月14日 (土)

術後3日目

金之助の足首があまり良くありません。
手術跡の傷はさほど気にしている様子はないのですが、前の記事にも書いたように、足首や脛の部分に不快感があるのか、手術した夜にその辺りを齧ってしまいました。

術後翌日は真っ赤に腫れて痛々しくなっていましたが、消炎剤の注射で腫れは少し引いたものの、齧った足首の皮膚が壊死していて、これ以上ひどくなると、かろうじて薄く残っている皮膚が裂けたり、足先への血行が悪くなりそこも壊死していく可能性があるのだそうです。

昨日の通院で消炎剤+鎮痛剤の内服薬も処方されました。

幸い今のところ足先はまだピンク色で血行が滞っているような感じはありませんが、リンパの流れが悪いことも足が腫れている一因でもあるそうです。
齧った足首は昨日よりは少し落ち着いたように見えますが、足が床に着くと高く上げるような仕草をします。
まだ痛みがあるのでしょう。

私が様子を見ている時にはそれほど足を気にしている様子はないのですが、見ていない時も気にせず触らないでいて欲しいです。
お願いだよキンちゃん。
夜の目覚めのあとの毛づくろいの時は、ハラハラsweat02しながらケージに張り付いて見張ってます(@_@;)
おかげで寝不足気味です。

ちなみに金之助の食欲は普通にあり、体重は133gでさほど変わりありません。
てか、ちょっと太った?
飼い主の食欲の方が減っちまいましたsweat01(笑)

2012年1月12日 (木)

術後2日目

手術当日だった昨夜は回し車を撤去したせいか、小屋の屋根や砂場の上に登ったりケージの中をウロウロ歩き回っていたようでした。
飼い主が側に近づくと、ステージに上がりケージの壁をたたいて出せ出せアピールをするなど元気な様子。
ただ、昨日の記事に追記したように、手術の傷より足首や脛を気にして舐めたり歯を立てたりして、かなり足が赤く腫れてしまいました。

今日も先生に患部を診ていただきましたが、やはり自分で強く舐めたり噛んだりして毛が抜けて炎症が起きているそうです。
なぜ傷跡ではなく何も触っていない脛をかじるのか分らないと先生も首をひねっていました。
足の甲の腫れも手術の影響は多少あるけれど、脚の炎症からきているのが大きいそうです。

今日は消炎剤の注射をしてもらいました。
脚の腫れが酷いようであれば明日、落ち着いているようならば明後日通院予定です。

キンちゃんは小屋で寝ているところを突然起こされてキャリーに移され、今度はキャリーの小屋で寝ているところをまたもや起こされてグリグリ診察され、小屋不信に陥ってしまったようです。
小屋に入れてもすぐ出てきて、帰宅してからはずっと砂場で寝ています。
可哀相に・・・despair

むずがって写真が撮れなかったので今日はありません。

より以前の記事一覧