ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

たくみ

2012年11月27日 (火)

タクちゃん、夜空の星になる

今日、午前1時頃、たくみが天寿を全うして亡くなりました。
3歳と25日でした。

昨日、いつもと様子が違うことに気が付き、そう長くはないだろうと感じていたところでした。

いつもならゴクゴク飲んでくれるカロリーエースを昨日の朝は半分も飲むことができなかったし、小屋の中では横になって眠っていることが多かったのに、昨日は座り込んで頭を垂れてうずくまっている姿勢をとっていました。
夜になるとミルクをほとんど飲むことができないほど衰弱していました。

夜、飼い主が休む前、タクちゃんがご飯のお皿の横で行き倒れのように横になっているのを見つけました。
抱き上げてみても意識は朦朧として呼吸も浅くなっていました。
それでも口のあたりを指でさすると、ペロペロと舐めてお愛想をしてくれました。

もうお迎えがくるのかも知れないと、両手のひらでタクちゃんの身体を包むようにして話しかけていると、痙攣を数回起こし、最期に大きく伸びをするように身体をのけ反らせると力が緩み呼吸が止まりました。

ちょうど娘のココの体調が回復したのを見届けるようなタイミングだったので、動物といえども何か思うところがあったのかと胸が熱くなりました。
タクちゃん、大丈夫だよ。
ココは良くなったから安心して旅に出ていいよ。

Dscf8760w360_3

4匹の姉妹とともに1匹だけ男の子で産まれました。
のんびりのほほんとした性格で、手のかからない良い子でした。
姉妹たちもみな長寿で、この5匹はほんとに素晴らしい子たちでした。
みんな待ってるだろうね。

タクちゃん、たくさんの思い出をありがとう。
またいつか会おうね。

たくみを応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。

2012年11月 3日 (土)

三歳になりました

11月2日、タクミはめでたく3歳の誕生日を迎えることができました。

Dscf2782w360

耳の肉腫は相変わらず成長を続け、その重みでいつも右に小首を傾げています。
かなり鬱陶しいはずなんだけど痛みがないせいか、激しく掻いたり異常に気にすることはなくなりました。
患部を消毒する間は目を閉じて身体を委ね、されるがままになっています。
いい子だね、タクちゃんheart01

食欲はまだあって、固い物こそ食べられなくなりましたが、ペットミルクやカロリーエースを基本に、刻んだりペースト状にした野菜、ペンチで潰した雑穀など、これまで食べていた種類のご飯は平らげています。
ぐちゃペレは好きな物が無くなってから仕方なく口をつける程度。(^^;)

写真はお麩をペットミルクでふやかしたものです。

右後ろ足を身体に引き付けることができなくなったので踏ん張りがきかず、ヨロヨロした歩きになってますが、チッコはちゃんとトイレに行ってしてるし、小さめのケージにしてから失敗は一度もありません。
面倒くさくないのかな?
私ならもうそこで済ませるところだbleah
偉いな、タクちゃんshine

今、小屋の中ですやすや眠っていますが、タクちゃんの一日はとてもゆ~っくり過ぎていってます。

2012年10月19日 (金)

床暖はじめました

タクちゃんの耳の腫瘍に巣材がくっついて固くなってしまうのは飼い主の悩みの種でした。

うちでは裂いたティッシュペーパーをハムの巣材にしているので、タクミもずっとそのままでいたのですが、腫瘍が大きくなるにつれてへばり付くティッシュも多くなって、またそれが固まってしまうのです。
その患部に固くこびりついたティッシュを濡らしたコットンでふやかして剥ぎ取るのが日課になっていました。

先日もその治療の最中、濡れコットンから出た水分でタクミの身体の毛が濡れて冷えてしまったのでしょう、タクミが身体をブルブル震わせてきました。
冷たくないように微温湯を使っていたのですが、それがだんだん冷めてしまったのです。

身体の反応も少なく、意識も朦朧としてきたようなので、慌てて使い捨てカイロとタオルで身体を暖めてやりましたが、震えは止まりません。
そこでぬるめのお湯で溶かしたペットミルクをシリンジで与えてみたら、むしゃぶりつくように飲んで、やっと身体の震えも止まりました。
身体を芯から温めるホットミルク効果があったようですshine

ふわんと包む優しい暖かさでは裂いたティッシュが一番なんですが、今の状態ではタクミの巣材として適してないかも…
ハム友達のSacchanさんも色々考えて下さり、私も家にある材料で試しているところです。

今のところペパレミとふんわり快適マット(両方とも紙の床材)を半分ほど手でほぐしたのを小屋の中だけに入れてます。
暖かさや柔らかさでは劣るけれど、耳についた時にへばり付かずに手でも落とせるので、しばらくはこれでいってみようかと思っています。

ただ、栄養状態や抵抗力が落ちているタクちゃんにとって寒さはこたえると思うので、早々と緩めの床暖にしました。

Dscf2689w360
『ごはんだ~♪』

献立は細かく刻んだ野菜、お豆腐、潰したカボチャ、雑穀(硬いものはペンチで潰してあります)、右に少し写っているのはぐちゃペレです。

2012年10月 2日 (火)

タクちゃん2歳11ヵ月

タクミが今日、2歳11ヵ月の月誕生日を迎えました。

右耳の肉腫がどんどん大きくなっているので右側からの写真は載せられないけれど、左側はまだイケメンのままだよ(笑)

Dscf2482w360

ずいぶん背中が曲がって腰高になってきたが、飼い主に何か要求があるときは回し車で走り(歩き)、かじり木ステージに登って上を向いてアピールする。
ほとんどが「お腹空いた。何かちょーだい」なんだけど・・・

もう固形物が食べにくくなってきたので、ミルで粉にしたペレットをお湯で溶いてぐちゃペレにして与えています。
雑穀は殻を剥いて野菜と一緒に置いてあるけど、あむあむするだけでほとんど食べてないんじゃないかなぁ。
その辺にいっぱい散らかしている。
あとはカロリーエースとペットミルクなど。
なかでもカロリーエースは大好きで、シリンジを口の奥まで頬張ろうとするのは飼い主も嬉しくなっちゃう(*^^*)

それでも体重はだんだん減ってきて昨日は36g。
だけど3歳前でこれだけあれば満点つけてあげるよshine

来週末には東からのお客様が来られる予定。
会えるのが楽しみだね、タクちゃんnote

2012年9月 7日 (金)

眠れよい子よ

手の中でうっとりねんねのタクちゃん。

Dscf2440w360

どんな夢を見ているの?

Dscf2438w360

こさじちゃんの夢かしら・・・

タクミの姉妹のこさじちゃんが、昨日未明に両親や姉妹たちのところへ旅立ったそうです。
一生の半分くらいが歯切り生活だったのに、こんなに長生きしてくれてありがとう。
その頑張りに金メダルをあげたいくらいだshine 

ユキとろっ子の最後のひとりになったタクミ。
年齢相応の衰えや病気の不安はあるけれど、まだもう少し頑張れるみたい。
急がないでいいから好きなだけこっちで遊んでていいんだよ。

Dscf2445w360

タクちゃんの右耳はこんな具合になってます。
腫瘍が大きくなって耳からはみ出しているので、どうしても爪で傷つけてしまう。
血が出て傷がカサブタになって、それをまた引っ掻いて…の繰り返しです。
わき腹の腫瘍はほとんど変わりないので、そっちはもう心配ないようです。

2012年9月 5日 (水)

この暑さももう少し

・・・、と思って厳しい残暑に耐えていますbearingsweat01

それでも朝晩はほんのり涼しい風が吹くようになりました。
わずかづつですが秋は来ているようです。

この方も今年の夏は堪えたんじゃないかなー

Dscf2432w360 ←昼の顔
『なんのこれしきの暑さ。まだまだガンバルのだrock

タクミ、今月2日で2歳10ヶ月になりました。
耳の調子は悪いけれど、夜中は愛車でドライブを楽しんでいます。
昼間は「なんかもうアカンのんちゃうかなぁ…」と思ってしまうほどだらら~んとしていますが、夜になると俄然元気になって、回し車もけっこう高速で走っています。
昼と夜の顔を持つタク爺。
夜の帝王か(爆)

2012年8月22日 (水)

タクちゃんのその後

はーいpaper、ボク、たくみだよ~。

いや~なんだか最近こじんまりしちゃってねー。

前は52gくらいあったのに、今は40gそこそこでメタボの面影もなくなったよ。

Dscf2369w360

お腹の両脇の腫瘍はそれほど変化なくて、ボクもあんまり心配してないの。

それより右の耳が痒くってさー、ジクジクしてるし、おまけに耳穴の入口付近にできていたモノがだんだん大きくなってきて、カイカイすると爪で引っ掻いて傷になって血が出ちゃうんだ。
 

Dscf2380w360a

朝と晩にお母さんが濡らした綿棒で耳ダレを拭いてくれるけど、ボクそれがイヤでさー

だけどお母さんの指についたヨーグルトを舐めてる間に終わってて、なんかいつも騙された気分だo(`ω´*)o

こさじちゃんはすごく頑張っててエライなぁ。

ほんと尊敬するよshine

ボクもこさじちゃんに負けないようにお薬飲んで頑張らなくっちゃね ☆

2012年7月24日 (火)

タクちゃんの後ろ足

ボクはお昼寝しているときに後ろ足を立てたり広げたりするクセがあるのだ。

Dscf2250w360a

回し車の下でペタ~としているとお腹が冷たくて気持ちいいよ~fish

で、足を広げるとおωしゃんまで冷えて、倍気持ちいいのだ~penguin

あ、新聞のおじさん(おねぇさんかな?)の足を踏んづけてたよ bleahテヘ

Dscf2262w360a

回し車で寝るときは、のそのそと前に進みながら眠りに入るから、片方の後ろ足が立ったままになっちゃう。

時々お母さんが車をゆりかごみたいにゆらゆら揺らしてくれることもあるし、超気持ちいいんだよ~carouselpony
 

*タクミの前回の通院から二週間以上経つので、今朝、また病院に行ってきました。
まず腫瘍ですが、左右どちらも大きさはほとんど変わりがなく、特に問題はありませんでした。
とりあえず良かったー。
次に耳ですが、前回の診察時にも右耳が赤く炎症を起こしていたので抗生剤を処方してもらいましたが(左耳は大きな耳クソを取ってもらった)、ここ一週間は右耳の中から汁がでてきて(時々血が混じっている)、それが乾くと耳たぶが折れて引っ付いていることがありました。
気が付くたびに濡らした綿棒で拭いてやっていますが、痒みや違和感が強いようで、しょっちゅう耳を外から中からカキカキしています。
先生のお話では外耳と中耳の間で炎症がポリープ化していて、それが邪魔して奥が見えないのだそうです。
なので一応は外耳炎との診断ですが、中耳や内耳にも炎症があってそこから膿が流れ出ているのかもしれないらしいです。
お薬は前回の抗生剤に今日はステロイドがプラスされました。
一週間から10日の投薬で症状が治まればステロイドは徐々に減らしていくこと。
また2週間後に通院の予定です。

2012年7月20日 (金)

暑いです

梅雨が明けると途端に暑くなってきましたsweat01
おまけにうちのマンションはいま外壁工事をしていて、足場を組んでネットが張られているので風通しが悪いく暑いのなんのsweat01
もちろん洗濯物は室内干しだし、作業の人がベランダを往来するのでカーテンも開けられずうっとおしくて息が詰まりそうsad
しかも今日は我が家のベランダを斫っている大きな音がうるさくてshock
今年は地獄の夏になりそうですbomb
 

なわけで、ハムたちも暑いのですsweat01

Dscf2141w360

ん~、いまいち暑さが伝わらない(^^;)
 

Dscf2273w360

野良寝は絶対にしないキンちゃんがトイレ寝sleepy
縁を枕にしちゃったりなんかして、かわゆい~heart01
 

Dscf2266w360

タクちゃんだけが金属のプレートを使ってくれてます。
 

先々週、腫瘍を見つけて通院してから、タクちゃん何だか急に老けてしまいました。
年齢の割に張りのある身体をしていたのに、今では抱っこしても弾力がなくふにゃっとした感じ。
昨日は耳を掻きすぎて傷になったのか、乾いた血が耳にこびり付いていました。
耳の中もジクジクしているみたいです。
ただ、腫瘍の大きさはそれほど変わっていないのが救いなのですが…。
この夏、頑張って乗り越えてくれるかなぁ。。。

2012年7月 8日 (日)

タクミ通院

今日ボクは初めてお医者さんに行ったのだ。

優しい女の先生で、お腹や背中を触られたけどちっともイヤじゃなかったよ。

でもいつもと違う網のケージだったし、犬の声なんか聞こえてちょっと興奮しちゃった。

なので、お家に帰ってオヤツもらってひと休みなのだsleepy

Dscf2181w360
  

*3日ほど前にタクミの左わき腹の背中よりのところに腫瘍らしきものがあるのに気がつきました。
毎日抱っこして触っているはずなのに、異常に気付くのはホントに突然なんだから・・・
2歳8ヶ月の高齢なので手術などは念頭になく、ただ他にもしこりはないか、これからの対処などについて教えていただこうと病院に行ってきました。

私の感覚では左側しか気がつきませんでしたが、右側の同じところにも小さなしこりがあるらしい。
触った感じでは脂肪腫のようですが急激に大きくなるようなら悪性の可能性もあるとのこと。
キンちゃんの時もそうだったけど、結局、細胞を検査しないと判断できないんですよね。
どちらにしても外科手術はしないで、このまま温存することにしました。
この状態を保ったままで、タクちゃんの生涯を穏やかに終えて欲しい。
というのが飼い主の願いです。

それから、耳の中に炎症があって耳垢がたまってるとかで、ピンセットで大きな耳クソを取ってもらいました。
お~い、よーく聞こえるようになったかい?(笑)
お薬は耳の炎症のための抗生剤だけが処方されました。
ちなみに心臓や呼吸の音に異常は見つかりませんでした。

タクちゃん、診察中は大人しく先生に身を任せてとても良い子でした。
この歳にしては背中が丸くなっていないし、肉づきもそう落ちていないので、とても若々しいと褒めてもらいました。
「キンちゃんもタクちゃんも性格が穏やかでいい子ですね。」
先生の言葉に、わたしの低い鼻から自慢毛がチョロリと見えていたに違いありません(爆)

より以前の記事一覧