ワールド住人

  • おでん(2017.11月生まれ)

    Img_35451sw440

  • ショウ(2016.10月生まれ)

    Dsc052091sw440_3

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

おでんちゃん

2017年3月 8日 (水)

おでんちゃんのお勉強-3

動物園で得た知識をおでんちゃんにも試してみようと実践中の飼い主。
おでんちゃんにしてみたらいい迷惑かも?(苦笑)
でも、頭や五感を使っての体験はおでんちゃんにとっても良い刺激になるんじゃないかな~

そんなワケで取り出してきた過去の遺物の『玉手箱』。

Img_4081v440

座席の部分が上り、中にオヤツを隠すことができます。

Img_4083w440

さ~、おでんちゃん、取ってみ~note

Img_4086w440
『な~に、この得体の知れない物は…』

Img_4093w440
『齧っちゃうよ~』

Img_4094w440
『なんか、イスっぽい…』

Img_4113w440
『なので座ってみました』

Img_4095w440
『面白くもなんともないわannoy

おでんちゃん、ここに粟穂が入ってるよ~(*^^*)
Img_4100w440
『あっ!』

座席を閉じたらおでんちゃんの手を挟んでしまいました。shock
Img_4101w440
『イテッ!impact

と、すかさず頭を突っ込むおでんちゃん。
Img_4103w440
sign03

Img_4104w440
『あった、あった~note

Img_4106w440

得意げに粟穂を食べるおでんちゃん。

初日はまぐれでオヤツを見つけた感じでしたが、2日目にはイスの中にオヤツが入っていることを確信して取り出そうとしていました。

イスのからくりを理解してからはすぐに取り出せるようになりました。
さすがウチの子、覚えが早い (*^^*)
飼い主の自慢毛がボーボーと伸びたことは言うまでもありません(笑)

2017年3月 6日 (月)

おでんちゃんのお勉強ー1

動物園に通うようになって「エンリッチメント」や「ハズバンダリートレーニング」という言葉を聞くようになりました。

「環境エンリッチメント」とは、飼育動物の正常な行動の多様性を引き出し、異常行動を減らして、動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われる工夫を指す。
と、Wikipediaにありますが、簡単にいうと、飼育している動物は本来持っている生態から外れた生活をしているので、それを環境(餌、感覚、認知、空間など)で改善してあげようという試みです。
例えば動物園ではブイなどが運動場に置かれていますが、それをオモチャとして遊んでもらって動物たちの退屈な時間を減らそうという目的なのです。

また、「ハズバンダリートレーニング」とは、動物の健康管理と共に、動物も人も安全に飼育するためのトレーニングを言い、動物自ら進んで私たちが望む行動をさせるトレーニングです。

言葉にすると難しいことのようですが、ペットを飼っているみなさんは自然にエンリッチメントやハズ・トレをしていると思います。

考えてみれば、私もそれに近いことはやってきていました。
例えば「手の上での腹出し食い」

Img_35431sw440

おでんちゃんはやっと手の上で仰向けになることができました。
手の中で無心にオヤツを食べている様子が見られてすごく可愛いのですheart01
飼い主の喜びのために練習していたことがハズバンダリートレーニングに繋がっていました。

動物にとって弱点のお腹を出すということはとても嫌なこと。
犬はそのお腹を出すことによって飼い主への服従を見せますが、ハムスターはそこまで認知機能が高くないので、飼い主に服従する意はありません。

Img_35451sw440

でも、この腹出しができると、飼い主は腹部や身体を触ってハムの健康をチェックすることができるし、病院に行っても診察が楽にできるというメリットがあります。

そこで、なかなか仰向けできないおでんちゃんには
①手に慣れてもらう。
②手の上で仰向けにしてみる(嫌がって起き上がってしまう)
③手の上で仰向けにしてオヤツを与える(最初は不安でオヤツどころではないけれど、慣れるに従って仰向けでオヤツを食べるようになる)
④オヤツなしでも手の上で仰向けで落ち着いていられる
この順でトレーニングをしています。
おっとりした個体では手の上で腹出しで寝入ったりしてくれます。
おでんちゃんは今③の段階です。

Img_35581sw440

「これも立派なトレーニングです」と動物園の飼育員さんにもお墨付きをいただき、おでんちゃんも飼い主も張り切っています。
他にハムのトレーニングとしてできることはないかなぁ。

次はおでんちゃんの「エンリッチメント」の取組み(大そうな^^;)について書きますね。

2017年2月 2日 (木)

育ちざかりのハムたち

外は寒い冬でも床暖のケージで暖かいハムたち。
食べて、寝て、遊んで~を繰り返して羨ましい毎日を過ごしています。

育ちざかりの2匹は食欲も旺盛。
可愛らしくお座りして手に持って食べているところはあまり見かけません。

Dsc_04411sw440


Dsc_04421sw440


Dsc_04391sw440


Dsc_04401sw440

いつもこんな感じで頭を突っ込んで雑穀から吸い込んでいきます。

おかげでお迎え当初(11月末)33gだったショウは56gに、
同じ33gだったおでんちゃんが、ひと月弱で41gに増量しました。

Dsc_04451sw440


Img_07971sw440

なぜか同じ恰好でオヤツの催促です。

おでんちゃんは動きも活発でよく回し車で運動をしていますが、ショウは小屋の中に入ったままで、とにかくよく寝ています。
まだ若いのに(4ヶ月くらい)こんなに寝てていいのかとちょっと心配になってしまいます(^^;)

Img_0796sw440

動物園に行くようになって、なぜかハムの良い写真が撮れなくなってしまいました( ̄△ ̄;)

・・・こじつけの言い訳です(笑)

2017年1月18日 (水)

ニューフェース登場!

ジャンガリアンのショウを11月末にお迎えして2ヵ月弱。
ハム飼育のカンを取り戻しつつある私ですが(笑)、これまで自家繁殖の仔ハムを育てることが多かったので、ショップ出身のハムの触れ合いに少し戸惑っております(^^;)

食欲は旺盛なので、ご飯やおやつを出す時の袋の音には反応して立ち上がるし、私の手からも取って食べてくれるのですが、身体に触れられるのは嫌がる素振りを見せ、ケージの隅に逃げていくことも度々あります。
これはじっくり時間をかけて徐々に手に慣れてもらうしかないですね。

そんなショウも大人になってきたのか、臭腺の匂いがスゴイ!のです(´ω`;)
まぁ、そんな匂いが好きな私なので、幸せな気分になっていますが…(hentai)

基本うちではジャンガリアンはオスとメスで飼育していましたので、ショウが大人になったということでパートナーをお迎えいたしました。

ブルーサファイアの「おでん」ちゃんです。Dsc_0396w440

「おでん」という名前は、迎えた日の晩ごはんがおでんだったというだけで安易につけてしまったことを今は少し後悔しています ( ̄▽ ̄;)

このコもショップ出身らしく食欲は旺盛ですが(早く食べないと他のコに取られてしまうから)、ショウ以上にお触り拒否で、体重を測るのも箱に移して測定しています。
ちなみにショウは52g、おでんちゃんは34gです。

_20170116_1119352w440

気は強いけど寝顔は愛らしいheart01
ショウのお嫁ちゃんにするかどうかはまだ決めていません。
里親さんの手配もありますからね~

ショウも元気です。
可愛い小桃ちゃんですcherry(桃のイラストが無かった)
_20170111_211358w440

寝顔もどうぞ
_20170111_212324w440

あ、小桃ちゃんの方が可愛いかったかな?・・・(笑)