ワールド住人

  • あんず('16.3.1☆の世界へ・1歳6ヶ月)
    Dscf6521w360

  • 銀太('16.8.5☆の世界へ・2歳5ヶ月)
    Dscf5257w360_4

  • 福豆('15.3.1☆の世界へ・2歳)
    Dscf3634w360
  • ココ('13/7/7☆の世界へ・2歳4ヶ月)
    Dscf0182w360
  • 金之助('13/5/17☆の世界へ・2歳11ヶ月)
    Dscf9193w360
  • ☆たくみ('12/11/27☆の世界へ・3歳1ヶ月)
    Dscf7153w360
  • ☆ネネ('11/6/7☆の世界へ・2歳8ヶ月)
    Dscf3481a360
  • ☆茶々丸('10/6/17☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    Dscf0823w360
  • ☆パクちゃん('09/10/2☆の世界へ・3歳)
    Dscf1848w360_1
  • ☆ナナ('08/7/4☆の世界へ・2歳3ヶ月)
    W360_5
  • ☆ももたろう('08/2/4☆の世界へ・2歳)
    W360_3

過去のLOVEはむ

いただき物

  • あんず、空を飛ぶ
    ブログお友達からいただいたプレートです。

記念プレート

  • Sacchanさんから記念プレート
    Sacchan9999_3
  • パクちゃんファミリーポートレート
    Photo_11
  • ミヤビハムの衆
    Miyabi_momotarou_2
  • スライムの会(クリックしてね♪)
    44_2

お友達ハムサイトさま

無料ブログはココログ

ナナ

2009年5月 5日 (火)

子供だった日

泉 重千代さんに金さん銀さん。
ご長寿といえばいまだにこの方たちの名前が浮かびますが、こんな方たちも必ずあった『子供だった日』

今日は『子供の日』にかけて、LOVEはむワールド開設当時からの住人の『子供だった日』をご紹介します。

まずは長老だったお豆から。
(写真はそれぞれ左が子供時代、右が老いてからです)
03100009w360_3 Dscf0940w360_2       

お豆は豆のように小さくて、毛がホワホワでした。
ブログを始めた頃は既に2歳半を過ぎていましたが、2歳9ヶ月まで長生きしてくれた働き者のロボでした。

ももたろう
Cimg1059w360 Dscf8093w360 

初めてのゴルハムです。
最後までビビリでしたが優しいお顔の性格の穏やかなハムでした。
2歳近くの写真ですがあまり顔は老けなかったですね。

ナナ
Cimg2070w360_2 Dscf1413w360 

お転婆なナナですが、意外にもペットショップの同じケージのコに鼻を齧られていました。
鼻の横にカサブタをつけたままお迎えしました。
ナナもほとんど老けた感じがなく2歳3ヶ月で病気で亡くなりました。

ここからは現役組です。
パクちゃん
Dscf2460w360 Dscf5043w360 

あと10日で2歳7ヶ月になるパクちゃんも、子供の頃はあどけないお顔でした。
食欲は子供の頃からスゴかったね。
元気なパクちゃんですが、ふくふくした子供の頃と並べるのは可哀相なのでアップは避けて全身のお写真で。

茶々丸
Dscf0933w360 Dscf4430w360 

ショップで一目惚れして入荷初日にもかかわらずさらってきた茶々丸。
さすがに可愛いなぁ。
今月で1歳3ヶ月になります。

最後はネネ
Dscf3520w360 Dscf4934w360 

パクと同じえーきちさんのところからお迎えしたネネ。
子供時代は「ヒラメちゃん」と呼ばれていたけど大人になって目がパッチリしてきました。
ハム版「みにくいアヒルの子」?(爆)
あと5日で7ヶ月になります。
  

そしてこれはオマケ。。。
 
Dscf5142w360

どひゃ~~~!
白黒写真と下駄が時代を物語ってますなぁ ( ̄∇ ̄;)
まぁ、ぷくぷくにもこんな子供時代があったということで・・・sweat02タラリ  

2008年7月26日 (土)

甘噛み

ナナが旅立って3週間。
ケージや道具類はきれいに洗ったんですが、まだナナの使った小屋や回し車などを片付ける気にならず、ケージの中に置いたままになっています。

パソコン内の写真も全部CDに落とすと、ナナが跡形もなく居なくなってしまうようで 何だか寂しい…
時々写真や動画を再生してナナの思い出に浸っています。

思い出といえば・・・ナナは甘噛みがとても上手でした。
 

Dscf9928w360
    
抱っこされると必ずお愛想に私の手を甘噛みしてくれました。
強くもなく弱くもなく、絶妙な力の入れ具合が とても気持ち良かったのです。

ナナちゃん、また帰ってきてマグマグして欲しいよ~ (つA`。)
 

  *・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。
 

マイミクの呵々さんがmixi日記で紹介していた『武器ジェネレーター』というサイトをご紹介。
http://genzu.net/buki/

名前を入力すると、その人がどのようなタイプの人間なのかを武器に例えてくれます。

「ぷくぷく」で入力すると…
『ぷくぷくの指輪』(魔力:13)と出ました。
う~ん、これは白魔法がかけられるのか黒魔法なのか…
どっちにしても魔力は低くて弱っちそう。
体力も無さげだ coldsweats01

「パク」で入力すると…
『パクバズーカ』(攻撃力:35)でした。
パクちゃん、結構やりますな。

「ちゃちゃまる」は… (漢字は入力できないのでひらがなで)
『ちゃちゃまるの刀』(攻撃力:25)
うんうん、和風だし、今の茶々丸ならこんなもんかな~

そして「ナナ」…
『ツンデレナナたんのニーソ』(破壊力:38)
おぉーっsign03
まるでこのブログを見ていたような結果に(笑)
http://lovehamworld-2929.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_677d.html

ナナよ、あなたはやっぱりカワツヨイ(?)子だわ happy02
 

2008年7月18日 (金)

ナナからの引継ぎ

『カタン、コトン、カラン・・・』
またあの音が聞こえるようになりました。
 

これはナナのケージからよく聞こえてきた音。

ナナは齧り木にしていた棒(実はシーソーの支柱の棒)を、バトン代わりに口で咥えて トイレに行く時、またトイレから帰る時によく運んでいたのでした。

小屋の中に入るときやトイレに運び入れる時に、棒が当たって『カタンコトン』と音が鳴り、それを聞くと「ナナが運んでいるな♪」と楽しい気持ちになったものでした。

面白い癖(?)なので、動画に撮りたかったのですが一度も撮れずじまい。
でも写真にはよく齧り棒がナナと一緒に写っていました。
 

Dscf1099w360
 

Dscf2072w360
 

Dscf0975w360

病気になってからもトイレに行く時は棒を運んでいたので、よっぽどナナも気に入っていたのでしょう。

ナナがいなくなってからはその音が聞こえなくなり寂しい思いをしていたのですが、ここ数日またその音が聞こえるようになってきました。

えっsign02
誰がカタンコトンいわせてるのっ coldsweats02
 

その音の主はこのお方・・・
 

Dscf2236w360

何故かパクちゃんが棒を咥えて移動するようになりました。

今までそんな事はしなかったパクが急にやり出すなんて、とっても不思議な感じがします。

きっとナナから齧り棒の遊び方を教えてもらったんだね。

ナナの棒はナナと一緒に埋葬してあげたので、どこかでまたカタンコトンと運んでいることでしょう happy01
 

2008年7月 4日 (金)

ナナ永眠

本日午後1時頃、ナナが旅立ちました。
  

Dscf7591w360
  

2歳2ヶ月。
 
一応ハムとしては充分な年齢ではありますが、旅立ちの原因となったのが、食べた物が胃から腸に送られずに胃に溜まり、それ以上食べても嘔吐してしまい食べられなくなったことにあります。
何故そういうことになったかという根本の原因はレントゲン以上の検査ができず、不明のままです。

2歳を越えたら美味しい物をたくさん食べて、ゆったりと過ごしてもらおうと思っていたのに、動物としての一番の楽しみができなくなり本当に残念で可哀相でした。

ナナはとても身体の強いコだったので、病気にならなければ2歳半、ひょっとしたら3歳も夢ではなかったかも知れません。

先週の初めに病気が発覚してから10日あまり。
ほとんど何も食べられない状態でも、ナナはステージに上ったり回し車を回したりしていました。
今朝もチッコはちゃんとトイレに行ったし、真っ白な毛並みもそのままでした。
最期は小屋の後ろでケージにもたれるようにして静かに息を引き取りました。
 

Dscf2158w360

7/2、これがナナ最後の写真になりました。

まだお目目もしっかりしていたので、もう少し一緒にいられるかなと思っていたのですが、今日のお別れとなってしまいました。

ナナちゃん、これまで元気な姿をありがとうね。
お空では大好きなヨーグルトやカボ種、果物もたくさん食べて、いつまでも元気な姿のままでいてね。

ナナを応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。
謹んで御礼申し上げます。
   

2008年6月29日 (日)

ナナの嘔吐の原因

本日、茶々丸がお世話になっているW先生の予約が取れたので、ナナを連れてhospitalに行ってきました。
これで3回目の通院になります。
 
ハムスターの嘔吐はあまり聞いたことがないと どの先生も首を捻られるので、今回はヨーグルトを持参してナナに舐めさせ嘔吐の様子を見ていただきました。
ペレと雑穀の乾燥餌しか与えていないので、ナナは獲物に飛びつくようにしてマドラースプーンのヨーグルトを一瞬で舐めてしまいましたが、その後吐き気を抑えるように肩を上下したあとにヨーグルトを吐いてしまいました。

その様子を目の当たりにして先生は、やはりこれは消化器官系に腫瘍か何かあるのかも知れない。
確かめるにはレントゲンを撮る必要があるが、少しでも動いてブレるとぼやけてしまうので、麻酔が必要だとのことでした。
ナナは2歳を越えているので負担がかなり大きいと迷いましたが、このままにしていても為す術なくただナナが衰えていくのを見ているだけなので、例え麻酔から醒めることがなくても、ナナがどういう状態であったか知ることができるのだと思いお願いしました。

幸いにもナナは麻酔からすぐ醒めてくれましたが、再び診察室に呼ばれて言われたことは「胃の中に何かたくさん入っていて大きく膨らんでいる」という思いもよらぬ結果でした。

今のようにほとんど食べられない状態なのに、胃は大きく膨らんでいるのがレントゲンの影像で確認できました。
胃の中の物が腸に送られずに溜まっているので、何かを食べたり飲んだりしても 嘔吐というより逆流して戻ってくるのだろう。ということでした。

しかし、なぜ胃に溜まってしまっているのか、胃の幽門部分にポリープか何かが出来ているのか、あるいはそのまわりに出来た腫瘍で押されて胃から腸へ続くところが塞がっているのか・・・そこまでは判らないそうです。

今日のレントゲンの写真を見た限りでは その他の部分には異常らしきものは見当たらないそうなので、ナナの嘔吐の原因はたぶんそういうことなのでしょう。
 
以前 処方して戴いた吐き気止めには胃や腸の動きを良くするような成分も含まれているので、その薬で胃が活動して中に溜まっている物が腸に送られるのを期待するしかないそうです。

しかし、固まる砂を食べたわけでもないし、異物を飲み込んだわけでもない。
胃から腸へ繋がる部分が狭窄しているのか・・・
これ以上の検査ができないので、ただその現実を受け入れることしかできません。

納得できるようなできないような・・・
気持ちの整理がつくようなつかないような・・・

今はそんな感じですが、私ができることはナナの残りのハム生をできるだけ穏やかに過ごせるようにフォローしてあげることです。

Dscf2130w360

麻酔の後遺症か、ちょっと元気がなくて寝ています。
大丈夫かな・・・
   

2008年6月26日 (木)

ナナその後

ナナへたくさんの励ましのコメントをいただきありがとうございました。
本日、また病院へ行ってまいりました。

おとといナナを病院に連れて行き、「効くかどうか分らないけど・・」という言葉つきで吐き気止めを処方してもらいましたが、やはり時々吐いている様子。
吐いているところを直接目で見たのは一度でしたが、ペーパーに吐いた跡らしきものが何箇所かありました。
吐いた直後はしんどそうに寝ていますが、それが回復すると案外元気で、ステージの上にも登ったり、昨夜は短時間ですが回し車にも乗っていました。

とはいえこのままでは脱水症状にもなりかねないので、午後の予約を取って補液(皮下点滴)をしてもらってきました。

おとといの先生はこの病院で一番若い(と思う)女の先生でしたが、今日は私が密かにあだ名をつけた『熊蔵』院長でした。
熊蔵先生もやはりハムスターが『吐く』という行為はあまり聞かないと仰ってました。
おととい診察してもらった際の「消化器官に腫瘍ができている可能性」については、無いことではないけれど、ハムスターにおいては非常に少ないということ。
そして、それが悪性の場合であればナナはもっと弱っているだろう。
しかもナナは2歳2ヶ月。
1年を過ぎると腫瘍年齢といわれるが、これまで腫瘍ができていなければ、2歳を過ぎて腫瘍ができることはもうあまり無いだろう。
というような所見でありました。

う~ん・・・同じ病院でも先生によって診断が違うんですね。
まぁ、全く無いことではないらしいので全否定ではありませんが・・・

それより今日のナナは頬袋にいっぱいお弁当を詰めていました。
熊蔵先生は綿棒の反対側が耳かきになっているような道具でナナの頬袋をぐりぐり掻き出しました。
すると、出るわ出るわ。
ハムセレや野菜や枝豆や何かよく判らんものがぐちゃぐちゃになったくっさーい塊が(>Д<|||)
診察台に戻されたナナは、頬っぺたがスッキリしたのか、グリグリやってまだ残っていたくちゃいブツを自分で出しておりました。

先生は「頬袋のこういった腐敗物に原因があるのかもわからないから、抗生物質を処方するので、餌は水気を含む野菜類などはすべて止めて、ペレットと乾燥した雑穀だけのシンプルなものにして、数日様子をみてください。」
という診断と処置をしてくれました。

高齢になると免疫力が低下するので、頬袋の雑菌にも要注意だと。
つまり頬袋に貯めて腐りやすくなる水気のある物(茹でカボチャなども)あげない方が良いと言われました。
ナナの嘔吐と見える行為も、頬袋の異物を出そうとしているのではないか・・・とも考えられてよく判らないそうです。

それから、エコーなどで腫瘍の有無を調べることができるのか聞きましたら、大きさによるとのこと。
腹部などに出来た大きめの腫瘍などは判るだろうが、消化器官にできるようなものは判別できないだろうということでした。

帰宅して抗生剤を飲ませましたが、苦いお薬なのでかなり嫌がりました。
飲んだあとはまたゲロってましたが・・・ despair

ということで、しばらく吐き気止めと抗生剤で様子をみることになりました。
 

Dscf2092w360_2
『当分粗食になるらちぃでちゅ despair

原因や病名がハッキリしないので治療も手探り状態ですが、少しでもナナに長生きしてもらうために頑張りますrock
応援ありがとうございます。
申し訳ありませんがコメントのお返事はもうしばらくお待ちください。  

2008年6月24日 (火)

ナナ通院

これまで元気で病気知らずだったから、一生このままで過ごしていけるかと思えば、ある日突然 思いもよらない病気になったりすることもある・・・
  
これまで元気で病気知らずだったナナ。
元気できれいな姿のままで一生を終えてくれると思っていたのに・・・
 

Dscf2040w360
 

夕べ、ご飯の一品の茹でカボチャを食べたあと、ナナはいきなりそのカボチャを吐いてしまいました。
ハムスターは嘔吐はしないと聞いたことがあるので、ただごとではないと思い様子をみていると、給水器から飲んだお水も吐いている様子。
ペーパーについた水溶物や、ナナの濡れたアゴの下のニオイを嗅いでも無臭だったので、たぶんお水だと思うのです。
昨夜は時々そうして食べた物を吐いていたようです。
今朝もヨーグルトを少し食べさせると喜んで食べたものの、すぐに吐いてしまいました。

すぐに病院に電話を入れ診察を受けましたが、やはりハムスターは胃の調子が悪いからといって嘔吐はしないそうです。
大きく口を開けさせて診たところ、口や頬袋には特に異常は認められませんでした。
そこで考えられるのは、食道や胃の入り口に腫瘍ができ、それが大きくなって邪魔をして食べた物が逆流しているのではないかということでした。
 
吐き気止めを処方してもらったので、それを飲ませたあとご飯をあげたのですが、小松菜の柔らかいところや枝豆、ぐちゃペレ団子を少し食べました。
吐き気止めが効いているのか、今のところ吐くこともなく小屋の中で眠っています。
もしかしたらまだ頬袋に入れたままで飲み込んでいないのかも知れません。

「流動食を与えてみてください」と先生は仰いましたが、流動食を流し込むのは却って食道につかえてしまうんじゃないかと不安があるので、ナナの様子を見ながら対処していこうと思っています。
少しづつでも自力で細かく噛んで胃に送り込めればいいのですが。

嘔吐は体力を使うので、2歳2ヶ月の身体にはとてもこたえると思います。
そんな時でも身体を撫でてやると 手を載せて甘噛みしてくれるナナ。
どうかこれ以上辛い思いをしないで済みますように。
 

Dscf2043w360
  

2008年6月18日 (水)

とうもろこし

いつもは冷凍のミックスベジタブルの中に入っているコーンで済ませているハム達の食卓。
先日、生のトウモロコシを戴いたので早速湯掻いてハム達にも味わってもらいました。
さぁ、みんないいお顔してくれるかな?
 

Dscf1898w360
『コレ、全部あたちの分note
 

Dscf1903w360
『うふふ・・・おいちー』

目が笑っているナナ
それにひきかえ必死でコーンに食い付くパクちゃん。

Dscf1923w360
『わしわしっ』
 

Dscf1912w360
『ボクの変なとこばかり撮ってないでちか?』

ゴメンネ、じっとしてないからブレブレになっちゃったのbearing 

Dscf1920w360

あ~ん、あんまり可愛いお顔してくれないのね(^^;)
 

茶々丸はたくさんあげられないので、数粒おすそわけ。

Dscf1927w360

茶々丸は目と目の間の毛も長めなので、正面から撮ると半漁人みたいになっちゃったーsad

今回はモデルに難あり カメラマンの腕が悪くて写真はイマイチ。
でも、とうもろこしは美味しくてみんな喜んで食べてくれました。
  

2008年6月16日 (月)

お婆ちゃんでも白雪姫

2歳を越えたナナおばあちゃん。

去年の今頃はむっちむちの58gだったけど、今年になってから少しづつ体重が減って50gを切り、今月はキープしていた47~8gを切って、昨日は43gになっていました。

食べる量も以前に比べると減ってきていますが、これも年齢のせいかなぁ と少し寂しい気がします。
でも、元気でクルクルや遊んでいる姿を見ると、まだまだ頑張ってもらえるんじゃないかと大いに期待もしていますnotes
 

Dscf1328aw360
『ナナをお婆ちゃん扱いしないでくだちゃいannoy
 

Dscf1331w360
『まだまだ足腰は元気でちゅrun
 

Dscf1332w360
『若いもんには負けまちぇんclover
 

そうよね、coldsweats01 
白雪姫はまだまだ健在だよね~ ribbon
 

2008年6月 5日 (木)

ごきゅごきゅ

ウチは副食の野菜の量が多いのか、あまり水飲みシーンは見られないのですが、先日 カチャカチャと給水器の音がするので ソ~ッと近寄ってみると・・・
 

Dscf1635w360

ナナがお水を飲んでいました。

ハム(特にジャン)がお水を飲む時の首から背中のカーブが好きなんですよね~♡(´∀`人)

カメラを構えても気が付かなかったので、動画まで撮れました。

飼い主の気配を感じたらすぐに近寄ってくるナナ。
う~ん・・・いじらしくて可愛いな~lovelyデレデレ (ハイ 親バカでございますsweat01
 

より以前の記事一覧