銀太が亡くなったので呵々さんがプレートを作って下さいました。