ももたろうを偲んで呵々さんが作ってくださいました。